ムトゥーだけどReed

November 09 [Wed], 2016, 20:07
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合 やはりインプラント適用が一番でしょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合 入院して手術するケースも実際にあります。このような難しい治療を行う場合 信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後 頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。

それは違います。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。当然 金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタンあるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です手間や費用は非常にかかりますがそのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気 例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合 歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです差し歯は歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。入れ歯 ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけセラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他 セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間 問題なく使うことが可能になります。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後 そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず歯科医の定期検診を受けることが欠かせません

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円 高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースの場合 アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内 インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。欠損した歯が少ない場合 治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で上にブリッジをかぶせていきます。審美性を考えた場合 ほとんどの場合 インプラントが優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様 プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです

歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上 何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。すなわち自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通ですなぜならインプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本の場合 安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間 極力安静に過ごすように努めましょう。普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き再開時期を共通理解しておくことをすすめます。年々進化を続けるインプラントの技術 

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血 口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分 人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

普通 インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

歯科医の技量 患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落 あるいは破損など人工歯そのものの問題 インプラントを埋め込んだ後 あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題 手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合 インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状 治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。誰でもインプラント治療ができるわけではありません

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラント埋入手術の直後 周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも考えるべきです。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度 費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円 もしくは、2万円程度の出費は必要です。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月 最長で6ヶ月はかかると思ってくださいこのため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間 患者さんは違和感を感じるのが普通です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合 原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント治療を検討している方 大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療 術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Issou
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uensrrgjiyanpa/index1_0.rdf