低い声で「ポー」と叫ぶアレは何て言ってるのか? レゲエ好きの独特言動を解説!

April 18 [Sat], 2015, 15:20

sirabee0418reggae


Photo by Philipmj24 on Wikipedeia


暖かくなってくると陽気な音楽が聴きたくなるもの。暑い季節にはやはり、常夏の国生まれの音楽がよく似合います。その代表が、「レゲエ」ですね!


ただ、レゲエをライブ現場などで楽しむためには、事前に知っておくべきことがいくつかあります。今回は、“レゲエファンならではの言動”に焦点をあててレゲエについて紹介しましょう。


Group of People Waving Flag of Jamaica in Back Lit

©iStock.com/Rawpixel


 


■「ヴァイブス」はギャル用語ではない!


モデルで“ギャルタレント”の今井華さんが『テラスハウス』(フジテレビ系)などで頻繁に使用していた「ヴァイブス」という言葉。


「ヴァイブス高い」「ヴァイブスで生きてる」などの発言から想像できるように、気持ちや雰囲気などを表す意味ですが、これはもともとレゲエファンたちが頻繁に使用していた言葉。ジャマイカ独自の宗教価値観「ラスタファリズム」から発生した言葉・概念とも言われています。


 


■何でみんな「プーロー」と言ってるの?!


レゲエファンたちは、盛んにセレクター(DJ)に向かって「プーロー!」と叫びます。これは、良い曲やお気に入りの音楽がかかった時、「もう1回かけて!」という意味で「Pull up」と言っています。


つまり、「レコードの針をPull upしてもう1回リピートして!」というリクエストであり、この言葉が聞こえたら、「ヤバい曲だ」ということですね。


 


■レゲエ好きはなぜみんな指を突き立てている?!


現場が盛り上がったときや「プーロー」唱和の際、よく見る光景です。人差し指と中指を突き立てて見せるポーズ。これは、「ゴンフィンガー」と呼ばれます。


指でGun(銃)のような形をつくることからこう呼ばれており、実際にレゲエの発祥地・ジャマイカでは、音楽がかかっている場所で最高潮に盛り上がった際、興奮して銃を空に向けてぶっ放す輩もいるとか…。そんな、なんともファンキーな起源を持つハンドサインなんですね。


「Pow!Pow!(ポウポウ)」「Bullet!Bullet!(ブリッブリッ)」などの掛け声とともにポーズすると、「いいね!」の意思表示に。


 


■「鬼ボス」はラスボスではない!


鬼ボスと聞けば、ゲームのラスボスのような“無敵感”漂う響きがあります。


しかし、レゲエファンにとっての“鬼ボス”とは、「超盛り上がる」という意。もともと沸かせることを「ボスる」と言っているので、鬼ボスとは最高に盛り上がっている、盛り上がらせるということですね。


 


■あのセクシーな腰つきにも名前が!


sirabee0418reggae3

※画像はYouTubeのスクリーンショットです


レゲエといえば、レゲエダンサーやフロアのギャルによる音楽に合わせた“セクシーな腰つき”に目が釘付けになります。あの独特の腰をクネらす動きは、「ワイニー」と呼ばれるもの。ワイングラスをゆっくりと回すように踊ることから、「Winey」と言われるようになったとか。


知れば知るほど奥深く、知れば知るほど面白いレゲエならではの文化や楽しみ方。踏み出せば、新たな“ハマる”世界があること間違いなしです!


(文/しらべぇ編集部・魔愚陀裸之マリア




Appstoreロゴ



しらべぇアプリを今すぐダウンロード(iOS)




android_logo



アンドロイド版はこちら


http://adult138.x.fc2.com/
source:http://sirabee.com/2015/04/18/26849/
  • SEOブログパーツ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ