オランウータンの和音(かずね)

January 05 [Tue], 2016, 0:47
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。葉酸の働きは、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。そのうえ、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。夫婦共に大切なサプリであると言えますね。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、このままだったらどうしようと落ち込みました。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素なんですよね。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食べ物から摂るのも難しい時もありますよね。そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足した葉酸を確実に摂取できるという訳ですね。親友が妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心感があると思います。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当によかったと、私も嬉しく思っています。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから是非試してもらいたいですね。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。その理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話は当然、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からないという方が殆どだと思います。そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリを選んでみましょう。粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。妊娠をきっかけに栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、食材を調理するようにしましょう。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクラコ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uejudpbectsmbs/index1_0.rdf