合い印が風間

September 19 [Tue], 2017, 14:08
高血圧の状態が長く続くと、身体中の血管に大きなダメージがかかり、頭から足まで様々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症を起こす可能性が高くなると言われています。
塩分や脂肪の大量摂取を中止して自分に合う運動に努め、ストレスの少ないような毎日を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4〜5日きちんと薬を飲めば、一般に9割近くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、イコール食道粘膜のダメージや炎症が癒えたことを意味しないのです。
日々の規則正しい生活の保持、暴飲暴食しないこと、程よいスポーツ等、古臭いともいえる自分の体への意識が老化対策にも活用されるのです。
「時間に追われているように忙しい」「粘着質な様々なお付き合いがとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい進化に追いつけない」など、ストレスを感じやすい主因は人によって異なります。
基礎代謝量(kcal)は就寝中ではない状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持など)ために欠かせないミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。
ハーバード大学医学校の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップよりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えると、あの直腸がんの発病リスクを0.52減らせたらしい。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で比較的幼い子供によく発症します。強烈な耳痛や38℃以上の高熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状がみられます。
音楽の公演の開催される施設やダンスするための広場などに設置された巨大なスピーカーの近くで爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
めまいが出ず、不快な耳鳴りと難聴を複数回発症するケースの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病」と診断するような場合もあるそうです。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がなく、体重が食事・飲酒や排尿等により短時間で増減するような場合、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が高くなることがわかっています。
肝臓を健康な状態にキープし続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化対処法を地道におこなうことが重要だと言われています。
脚気(beriberi)の症状は、手や足がジンジンと痺れたり脚の浮腫みなどが一般的で、症状が進行すると、重症の場合、心不全などを招く可能性があるそうです。
内臓脂肪タイプの肥満が確認されて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖のうち2〜3個に該当するような事例を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と称しているのです。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有した精液、血液を始め、女性の母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜部分や傷口に触れることにより、感染の危険性が大きくなるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュン
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/uehr5t52qu6eai/index1_0.rdf