イングランド代表発表 

November 09 [Mon], 2009, 10:01
イングランド代表を率いるファビオ・カペッロ監督が、
14日に行われる国際親善試合のブラジル戦に向けた招集メンバーを発表した。

今回はサンダーランドに移籍してからゴールを量産している
FWダレン・ベントが復帰。

過去に招集されながらも代表キャップはない
トッテナムMFトム・ハドルストンも呼ばれた。

LAギャラクシーに所属する
MFデイビッド・ベッカムは招集されているものの、

クラブが8日に行われるチバスUSA戦で勝利すると、
14日にカンファレンス決勝戦を戦うことになるため、招集は見送りになるとのことだ。


今回のイングランド代表メンバーは以下のとおり。


GK
フォスター(マンチェスター・ユナイテッド)
グリーン(ウェスト・ハム)
ハート(マンチェスター・シティ)

DF
ブリッジ(マンチェスター・シティ)
ブラウン(マンチェスター・ユナイテッド)
ケイヒル(ボルトン)
G・ジョンソン(リヴァプール)
レスコット(マンチェスター・シティ)
テリー(チェルシー)
アップソン(ウェスト・ハム)
ウォーノック(アストン・ヴィラ)

MF
バリー(マンチェスター・シティ)
ベッカム(LAギャラクシー)
キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)
ハドルストン(トッテナム)
ジェナス(トッテナム)
ランパード(チェルシー)
ミルナー(アストン・ヴィラ)
ライト=フィリップス(マンチェスター・シティ)
A・ヤング(アストン・ヴィラ)

FW
ベント(サンダーランド)
クラウチ(トッテナム)
デフォー(トッテナム)
ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)

ベニテス監督がR・マドリーへ? 

November 06 [Fri], 2009, 9:56
イギリス『デイリー・メール』によると、
ロベルト・マンチーニ監督が

厳しい批判にさらされるラファエル・ベニテス監督の後任として、
リヴァプールの監督に就任する可能性があるようだ。


イタリア人監督は先日、2008年に解任されたインテルとの契約を正式に解除した。
そのため、マンチーニ監督の現場復帰が近いのではないかと噂されている。

インテルの監督を退いて以降、
マンチーニ監督にはヨーロッパの様々なクラブからの関心が伝えられていたが、

最も注目に値するのはレアル・マドリーからのものだろう。


しかし、現在はすでにシーズン5敗目を喫し、
一貫性を見いだすことに苦労しているリヴァプールからも関心が向けられているようだ。


また、一方のベニテス監督には、
レアル・マドリーで監督のポストを得るという噂も伝えられている。

ただ、ペレス会長は先日、
マヌエル・ペジェグリーニ現監督に対する信頼を強調していた。

欧州CL:ルビン・カザン0−0バルセロナ 

November 05 [Thu], 2009, 9:30
◇1次リーグF組◇


2週間前ホームでルビン・カザン(ロシア)に
まさかの敗戦を喫したバルセロナ(スペイン)が敵地に乗り込んだ一戦は、

スコアレスドローに終わった。


両チームとも勝ち点5となり、
この日の勝利で勝ち点を6とし首位に浮上したインテルの後を追う形となった。

欧州CL:リヨン1−1リバプール 

November 05 [Thu], 2009, 9:29
◇1次リーグE組◇


E組3位で昨季8強のリバプール(イングランド)と
同組首位リヨン(フランス)の対戦。

何としても勝ちがほしいリバプールは、
後半38分に途中出場のFWバベルが

強烈な右足弾丸ミドルシュートがゴールネットを揺らし先制。


そのまま逃げ切りを図ったが、
同ロスタイムに追いつかれ1−1の引き分けに終わった。

残り2試合でこの日勝利した
同組2位フィオレンティーナとの勝ち点差は5。

決勝トーナメント進出へ向け厳しい状況に追い込まれた。

欧州CL:アーセナル4−1AZ 

November 05 [Thu], 2009, 9:25
◇1次リーグH組◇


2週間前は1−1で引き分けた直接対決第2弾。

アーセナル(イングランド)はMFセスク・ファブレガスの
2ゴールを挙げる活躍などで、

AZ(オランダ)を4−1で下した。

アーセナルは勝ち点を10とし、首位を走っている。