辰巳が西元

January 05 [Thu], 2017, 16:43
看護師の初任給は決して高くはないです。

実際に病院に入院して看護師の仕事ぶりをみていると、深刻な患者が入院していない日には、定められた作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。

多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、いつもにも増して激務となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。

看護師として働きたいと、思うようになったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える患者のサポートをするという、看護師としてのやりがいを感じたためです。

私自身もその昔、入院した時、看護師さんに病院で大変助けてもらい、この先は私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと決意しています。

看護師って病院での仕事で結構、手堅い職業と思われがちですが、けっこうしんどい仕事の割には給料は多くないです。

婦長クラスにまでいったらともかく、大多数の人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。

給料の見合わなさに嫌気がさして退職してしまう看護師も稀ではありません。

看護師になるとすると、単に知識や技術のみではなく、「医療界に貢献していくんだ」というような固い意志が必要だと考えられます。

専門職なので、一般職の女性などに比較すると収入はよく、勤め先にも困りません。

しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。

長期間、看護師として働く場合、楽だといわれているのは、外来の勤務形態です。

もちろん、人の命を預かるという責任は違いはありませんが、夜に勤務する必要がない、割と休みをとりやすいなどの理由により外来勤務を選びたい人も増えてきております。

ナースの年収は高いと思われている方もいるでしょう。

だけど、夜間業務がないとさほど稼ぐことができず、低年収ということも少なくありません。

それにより、独身の時は定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再び勤める方も多いです。

病院に来ると次々に患者さんがくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。

手際よくされていたり、大声で名前を呼んだり、患者さんに説明するなどと、しっかりしていないと、こなせないとても大変な職種だと思います。

しかし、その分、非常にやりがいがある仕事だと感じました。

私の叔母が、離婚をすることになって地元に帰ってくることになりました。

久々に会うことになった叔母は思っていたより元気そうで、「看護師の資格があるのだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。

あんな男の世話になんかならなくても生きていけるわ」と言って笑っていました。

看護師は挑戦しがいのある仕事だそうです。

どんな職業でも面と向かって人とかかわることが多くありません。

一方、看護師は人と深く関係することができ、支えることができるという意味において手ごたえを感じる方が多くいるのでしょう。

看護師が派遣で仕事をする場合には、利益や不利益が存在します。

まず、良い点としては長期間働かなくてよく、自分の都合や条件に沿って自由に他の職場に移れることです。

不都合な部分は昇給やボーナスがないので、長期の勤務には適さないということでしょう。

看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間の勤めがあるという事があります。

病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事も少ない事はありません。

患者の病状の変化に対応するために看護師には、夜間勤務があるのです。

しかるに、ナースにとって夜勤というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるでしょう。

看護師が転職するときに大切なのが面談になります。

面談の際に聞かれやすい質問は前の職場でしていた仕事のこと、これまでの職場を辞職した理由、就職したら、この病院で何をしたいか、看護観などです。

円滑に答えるためにも、考えをまとめておくべきです。

看護師が転職するにあたっての志望動機には色々なものがあります。

一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、経験豊富になるために、専門性の高い病院で働きたいといったケースもあるはずです。

他には、結婚や出産などのライフスタイルの変化に適応できるように転職を選択するケースも少なくありません。

友人の看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。

仕事の楽そうな職場だったのに、どうして転職をしたの?とわけを聞くと、「仕事が暇だった。

というようなことでした。

なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、知人のような人もいるんですね。

なにはともあれ、看護師は患者の命に関係する仕事をしているので、かなり精神的に疲労します。

ですが、それでも、お世辞にも、高給とはいえない給料で根つめて働いています。

そういった看護師の仕事へのやる気をアップするためには、ぜひ、高給にしてほしいと感じます。

看護という業務は多岐にわたります。

通常、医師の診療がスムーズに行えるようなサポートするというのが主な業務内容ですが、ほかにも患者さんのお世話や補助などがあるでしょう。

入院病棟か外来か、どっちなのかで、業務内容の方向性は様々です。

外来よりも入院病棟のほうが仕事量が多いので、ストレスとなるでしょう。

入院している知人のおみまいに行ってみたら、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを見かけたのも珍しくありません。

患者の中には、ナースコールに頼る人もいました。

看護師の仕事は、お見舞い客が短時間だけみても、つねに苦労が絶えないと思います。

現在も、看護師は人手不足となっているのです。

この人手の不足を解消するには、看護師の資格を持っていながら看護の仕事をしていない方に、看護師として仕事をしてもらうのが良いでしょう。

柔軟な働き方ができるよう医療機関が良くしていくことが重要です。

どんな職場でも残業を行えばちゃんと残業代が出るというのは普通のことです。

ですが、看護師の場合、その状況によっては、残業代が十分に出ないことがあります。

特に転職をしてきたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、どうしても残業の申請をしづらい雰囲気があるものなのです。

看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、残業手当がちゃんともらえるようにする必要があります。

どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。

その訳は、業務を滞りなく進めるためでその職にしか使えない言葉が使われているでしょう。

医療の現場で働く方でも同じようにその職にしか、使えない言葉が使用されています。

一例として、心マは心臓に刺激を与える、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くのその仕事でしか通じない言葉を使用して業務を進めています。

看護師の業務は一般的にはハードな職業だと認識されています。

これは、近年の病院の雇用環境の問題がきっかけで、長期にわたる人手不足により就業時間が長引いてしまう動向にあるためです。

長い勤務時間に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。

看護師の平均的なお給料額は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが事実であるようです。

ですから、いつもよりよい月給を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。

お給料が良い病院は、当然、人気で空きが出ないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動している方も珍しくありません。

急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が気付かなかった私の鎖骨の骨折を指摘して処置をしてくれたのは若い看護師の方でした。

入院中に、知りましたが、とてもお若い人なのになんと看護師長さんだったのです。

能力の評価が正当に行われた結果なのだと思います。

平均寿命は年々高くなり今は超高齢化社会に変化しました。

この中で、需要が高い職業が看護師と医師、介護士です。

どれも専門知識と技術が必要とされ、誰でもできる仕事ではありません。

3つの職業人を育てることについて国は今よりも真剣に考慮した方がいいと思います。

普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が知られています。

透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う配属先といえます。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。

採血は、どの科でも必要となるので、どの科に配属されても役に立ちます。

看護師が転職を行う場合はきちんと履歴書を書いた方がいいでしょう。

書き方としては、重要なことがいくつかあります。

まず使用する写真は、過去三ヶ月以内に撮った古くない写真を使用しましょう。

そして、住所と氏名といった記入項目は間違うことなく、キレイにわかりやすくゆっくりと丁寧に書くことが大切なことです。

ナースの仕事の内容は患者の治療に関することに限らず、身辺のお世話まで、行っています。

ですから、医療機関の中でナースほど忙しい方はいないだろうと感じます。

なので、これら看護師さんの仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。

知り合いの看護師が人間関係でずっと悩んでいたのですが、最終的に先月、退職してしまいました。

このような環境におかれたご時世、新人の看護師を迎えるとしてもそれほど看護師の仕事を希望する人が少ないとかで、病院側はどうしていいかわからないらしいです。

仕事を辞められてから困るくらいなら、そのような状況に陥る前に、看護師に配慮すればいいのにと思います。

医療機関で働く看護師は、シフトは様々です。

安定して休日を取得できないといった難問があります。

看護師は医療機関にしてみると重要な存在ですが、働いている側の本音としては必ずしも、良いとは言えない職場であるケースが数多くあります。

基本的に、看護師は医師の指示で医療行為をする事が多いのですが、容易な医療行為ならば、医師による指示がなくても遂行ことができます。

なので、老人ホームなどという福祉施設に看護師の人がいれば、非常に心強いと思われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuki
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uee95isyfaulsl/index1_0.rdf