退職した看護師のその後

January 16 [Thu], 2014, 15:52
その中でどうしても続けることができなくなり、早期退職してしまう看護師も少なくはありません。
特に看護師は医師と患者さんの板挟みになることが少なくなく、人の健康や生命にかかわる職業でもあってかなり神経を使うため、メンタル面から体調を崩す人が増えています。
相談に乗っている人までもが、ストレスを抱えることになる可能性もあります。
ここ数年、適応障害などの精神疾患が増加して問題になっています。
内科での勤務は医療や医薬品などといった全般的な知識を習得するだけでなく、患者さんの数も多く非常に忙しい職場です。
看護師の場合には、職場環境を考えると過酷であることが見えてきます。
そのため、内科に勤務する看護師には広い範囲の知識が必要とされます。
それとともに疲労を蓄積させないよう、夜勤時の休憩時間や仮眠時間を確保し、夜勤あけには連休を取得することによって疲労回復を図るようにするなどといったように、労働条件や職場環境を改善する必要があります。
精神的や体力的に過酷な仕事をしている看護師がバーンアウト、いわゆる「燃え尽き症候群」やうつの傾向などに陥る例も増えてきているということで、現在問題になっています。
仕事や人間関係でのストレスが原因となって起こるものであり、病院で適切な治療を受けることによって改善することができます。
看護師の業務上でのミスについては、職場の仲間が精神面でフォローし合うことができるというところもありますが、しかしながらそれも看護師の性格に左右されることが実情です。
男性の看護師ですと、まだまだ女性が多いために給料が抑えられている場合もあります。
看護師さんの退職問題
看護師の辞め時
看護師さんの退職願
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uedjkjte
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uedjkjte/index1_0.rdf