2011.12 リベラルシアター「見果てぬ夢」 

2013年01月04日(金) 20時44分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
舞台は病院の中庭。台本上ベンチ・窓・花壇・スロープ(車椅子)を設置し、演出・役者の演技スペースを考慮してシンプルなセットになりました。


この作品は結構上演されている作品なので参考までに検索すると色々出てきたりでイメージ引っ張られそうになりました。
あと、スロープの傾斜を建築関係のページで調べたりしたのを覚えてます。

2011.11 AND「ばらひまわり」 

2013年01月02日(水) 16時59分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
セットは演出家のスケッチをもとに作成。
今回は最後に「セットを崩したい」とのオーダーがあったのでパネルや棚、看板なんかに色々と細工しました。
崩れたときはこんな感じ↓でした(1枚目のぶら下がってる看板も本来は最後にこの状態になってました。)

現場にずっと居れなかったので役者で操作できるようにしたり、ホントに壊れないようにしたりと色々考えて作ってた記憶があります。こういう崩しはまたやってみたいなと思ってます。

あと、この舞台上のシーソーも劇中実際使える仕様になってました。

シーソーは公演終了後、もらわれていきました。
今もどこかで誰かが使ってるのかな…?

2011.11 近未来メイドカフェ 

2012年03月30日(金) 13時38分

会場:札幌芸術の森美術館
ちょっと番外編ですが、表現するファノン-サブカルチャーの表象たち | 札幌ビエンナーレ・プレ企画の中ひとつとして開催した「近未来メイドカフェ」のカウンター製作で関わりました。

デザインはいただいた資料映像なんかやからおこしました。
基本的には木の質感でなく、カッティングシートで表面の質感変えたりスリットに光源しこんでみたり、普段舞台ではあまりしないことをしてみました。
ちなみにイスはご厚意でお借りできたものがうまくマッチしました。
あとメイドさんの写真はありません、あしからず・・・。

2011.8 リリカルバレット「Like a Tempest!」 

2011年12月13日(火) 20時56分

会場:教育文化会館小ホール
セットは演出・照明・映像のプランと幕末物をイメージして。
バックの吊りパネルに映像投影したり、鉄階段を使用して足元からの照明入れたりしてました。
台上は木床をイメージしていたのでそんな感じで質感・汚しをしていたんですが客席からは見えてなかったんじゃないかという噂が…。
ま、写真にも写ってないですしね。

2010.11 パインソー「わたしの好きなぼうりょく」 

2011年07月22日(金) 9時00分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
セットは演出家の要望をもう一人のプランナ-と相談して作ったちょっと合作のようなセットでした。
このセットはギミック満載で出ハケ口はこんな感じで役者はゴムみたいな帯を掻き分けるように出入りしてました。

また、五ヶ所ある窓状のパネルは場面転換でグレー・紫・オレンジ・ピンクと色が変わりました。

そして最後には上下の檻が合体してさらには回転したりしました。(回すのは役者が人力でしたが)

この檻が回転中に映像が残像のように投影されたのが印象的でした。その写真はこちら
装置製作だけで現場にはあまりいなかったのですがとにかく色々装置うごかしたりと役者が大変な舞台だったとかなんとか。

2011.5 弦巻楽団「SWEET SOUL」 

2011年07月11日(月) 13時15分

会場:シアターZOO
セットはプランナーのデザイン画から↓

床やら壁を升目で塗り分ける作業がたいへんだった記憶が。あとはチラシの色にあわせて配色していったらなんか某31のアイス屋みたいな感じだとかなんとか。あとおいしそうとかも言われたり。
ま、劇中でもケーキ作ったりしてたからよいのかなと。
今回はプランナーも知り合いで打ち合わせもちゃんとできて安心でした。

2011.3 イレブンナイン「死体とお肉とウンコの話」 

2011年07月06日(水) 11時09分

会場:生活支援型文化施設コンカリーニョ
セットは演出家のイメージから。センターと両サイドにあるのはストリングスカーテンといってひも状のカーテンで、裏に明かりを入れると紗幕と同じような効果があります。

壁であったり別空間だったり出入り口になったりと色々面白い使い方をしてました。
ただ、非常に絡まりやすくて毎回解く作業があったりで大変だったとか…。

2011.3 リリカルバレット「Hello! Mr.abyss 」 

2011年07月05日(火) 20時30分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
セットは近未来・潜水艦・研究所と複数のイメージから。
パネルは緩やかな半円でセンターの開口部以外に両サイドにスライドドアがありました。これがセットが半円なのですり合わせに一苦労でした。役者さんにも苦労をかけたことかと。あと、照明さんに上下パネルの隙間にLEDを仕込んでもらったりもしました。こちらはお客さんまぶしかったかなぁと…。
そして今回はプロジェクター2台使ってパネル全面に映像を投影したりもしました。

こんな感じで色々チャレンジ的な要素も多いセットでした。

2011.3 PLANETES「Meek〜神実の追蹤〜」 

2011年04月05日(火) 15時25分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
今回のセットはプランナーが別にいて、そのイメージから作るという割と自分としては珍しい感じでした。
ちなみにプランのイラストはこんな感じ↓

プランナーの方は面識も無いなか、演出から「もう少しこれをシンプルに…」とか言われて絵心無い人間としてはずいぶんドキドキしながらの製作でした。いまだにまったく面識ないんでこれで大丈夫だったのかなと時々思うことがあったり。
というかイラスト載せてるけどいいのかな。いいか。

2011.2 もえぎ色「KAIZOKU」 

2011年03月30日(水) 17時53分

会場:演劇専用小劇場BLOCH
セットは演出の「客席に船とかあったら新しいですよね〜」という一言から。
舞台上も酒場のセットだったりはあるんですがメインは完全に船でした。人はわらわら乗るし客席の段差計算して、なおかつ小屋入りしたら細かくズレを修正したりと手はかかった思い出が。
船のデザインは某大人になりたくない症候群のやつを参考にしました。なんでどこぞのテーマパークの偽者みたいだとかなんとかいわれたとかなんとか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:上田 知
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
札幌の小劇場で舞台装置製作・舞台監督してます。
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31