上田式腱鞘炎解消プログラムで人生が変わる!と腱鞘炎改善治療法!ドケルバン病 ばね指 テニス肘の症状と原因を解消!

March 08 [Fri], 2013, 0:13



こんにちは(^^)



今日も上田式腱鞘炎解消プログラムレビュー特集中です(^^)

↓↓

優良教材上田式腱鞘炎解消プログラムレビューはこちら



上田式腱鞘炎解消プログラムは、実は全く効果が無い?

そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!



上田康浩さんが自信を持って世に送った情報教材上田式腱鞘炎解消プログラムを

超お得な特典付きでお届けしています。





購入前は眉唾ですけど、実際のところは・・・

詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。

↓↓

優良教材上田式腱鞘炎解消プログラムレビューはこちら



て事で、あとはぐうたら日記です。

読み飛ばして下さい^^;



けさの朝飯はごはんと、玉子焼きとコーンスープ

最高ですよ、やっぱり。



今日は7分で食べ終わり、9時13分に自分の家を出発です。



普段と違うサンクスに寄って、ボスのコーヒーをサクッと買いました。



これで今日もイケるぜ^^。



現場に行ったら、日々の日課のヤフートップラインを見てみると

話題の事件は・・・

↓↓

BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13において、新型『B3 Bi Turbo』を初公開した。

画像:新型 アルピナ B3 Bi Turbo

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

そんなアルピナが、新型BMW『3シリーズ』をベースに開発したのが新型B3 Bi Turbo。N55型直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを、アルピナが独自にチューニングして搭載している。

チューニングの内容は、車名の由来となったツインターボ化をはじめ、専用アルミクランクケースの採用など多岐に渡る。その結果、最大出力410ps/5500-6250rpm、最大トルク61.2kgm/2200-5200rpmを獲得する。

トランスミッションはZF製の8速AT。新型B3 BiTurboは、0‐100km/h加速がFR車で4.2秒、4WD車で4.0秒。0‐100km/h加速は、現行『M3』の4.6秒より、0.4‐0.6秒速い。最高速は305km/hに到達する。

足回りは、サスペンションやブレーキを強化。内外装もアルピナの独自テイストに仕上げられており、20インチのスポークデザインのアルミホイールは、アルピナの伝統だ。

《レスポンス 森脇稔》
(この記事はレスポンスから引用させて頂きました)



出た!

ホント、どーでもいいわ。



話は変わって、本日の作業予約。

上手く捗れば
メルマガに9時間と、ヤフオクで出品作業に1時間。



ベテランが居るから予定通り進むでしょう。



ガンガン稼がねば!



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





あちゃちゃ
殆ど被って無い?

これは失礼しました。



ではでは。晩飯は何しよ?

イカフライかのりまきが食べたいよ〜!(^^)!



きっと今度の記事更新は今日の夜でしょう。

ということで、一旦さようなら。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ueda-shiki/index1_0.rdf