グルコンEXっていいですね

April 22 [Mon], 2013, 23:47
グルコンEXが痛みに効果ありますね。ビタミンB1(チアミンとも呼ねれていますが、こちらの方が一般的な名称でしょう)という言葉は、皆さんどこかで一度は見たり聞いたりした事がありますよねが、どんなものか御存知ですか?ビタミンB1(日本では、1910年に農芸化学者の鈴木梅太郎氏が発見したそうです)はビタミンB群にふくまれていて、他にも、ビタミンB2、ビタミンB6(タンパク質や脂質の分解をサポートすると考えられており、豚肉や牛肉などにたくさん含まれています)、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの計8種類の物質がB群に属しているんです。1910年に鈴木梅太郎氏がビタミンB1(水溶性で調理中に失われやすいので、注意が必要でしょう)を発見した後、次々とビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)が発見されました。その中で、水に溶ける性質であるもの、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)をエネルギーに変える働きをするものは、ビタミンB群に分類(難しい名前が付いていることもよくあります)されるようになりました。ビタミンB群(ビタミンB複合体と呼ぶこともあります)はカロリーを補う働きもあり、疲労感を残りにくくします。さらに、脳や皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)等を健康に保つ作用があるとは言え、ビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)は体に蓄えておく事が出来ない物質ですので、日常から摂取しておきたいビタミンといえますね。ビタミンB1(水溶性で調理中に失われやすいので、注意が必要でしょう)は糖の代謝を促進させて、筋肉や末梢神経にエネルギーを供給し、それらの機能を正しく働くよう促します。ですので、ビタミンB1(日本では、1910年に農芸化学者の鈴木梅太郎氏が発見したそうです)が少なくなると、カロリー不足だと脳が判断してしまうのです。その結果、記憶(歌の歌詞にもよく登場しますが、あまり捉われていると今が疎かになってしまいがちです)力の低下や注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)力の散漫、疲労感や食欲不振、消化不良(人目を引くような派手で威圧的なファッションや化粧を好むことが多いです)、肩こり(実は肩だけでなく、首もこっていることがほとんどです)、五十肩等の症状が現れやすくなり、神経や筋肉に影響を及ぼすようになってしまうのです。そうならない為にも、常日頃からのビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)摂取が重要になって来る訳です。ビタミンB1(チアミンとも呼ねれていますが、こちらの方が一般的な名称でしょう)を豊富に含んだ食品として、玄米(炊き方によって食べやすさも変わってくるでしょう)等の穀類、レバーや豚肉、豆類や豆腐等が挙げられます。水に溶けやすい性質を持っているため、そのまま食べられるのであれば生で摂取するか、加熱調理等で出た汁ごと摂取すると、栄養を逃す事なく体の中に取りこむ事が可能です。加えて、ビタミンB1(水溶性で調理中に失われやすいので、注意が必要でしょう)に限った事ではなく、ビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)とあわせて摂取することで、より一層効果が期待出来るのです。一日当たりの摂取量は、成人男性で約1.5ミリグラムで、玄米(どちらかというと女性の方が好きですよね)で換算すると約1.5杯分だと言えます。日頃の食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)でビタミンB1(日本では、1910年に農芸化学者の鈴木梅太郎氏が発見したそうです)をなるべく摂るように心がけて、肩コリや五十肩を起さないようにしたいですよね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆいv3u5
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる