サバンナシマウマでルード

May 29 [Sun], 2016, 16:02
不安や悩みを抱えている患者から見ると不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


多くの覚える事や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。



介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。

特に、介護士の勤務形態と労働時間について言えることですが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。


どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。

女の子が憧れることが多い介護士になるためには、皆さんご存知のように、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。そして、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。私の仕事は介護施設事務です。通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。


でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、子供を連れてきている介護士さんが少なくないんですよね。先生方も笑顔で、温かい雰囲気でした。
一口に介護士と言っても、配属先の科によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。
今後の進路を考える事もできますから、モチベーションが湧いてきます。病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気になったことがあります。どうやら介護士は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。

煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。


しかし、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。


あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。
ただ、健康には気をつけてほしいです。
働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、もちろん長期の募集もあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、今現在、仕事を探している人は派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。実は、食事休憩をとりますよ、と仲間うちだけに伝わるようにしたもので使用している現場は多いようです。ではこのエッセンというのは何かといえば、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。
介護士の勉強をするための学校には大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。

まず、大学はどういったところかというと、最先端介護に関して等、より深く学ぶことができることと介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。さらに学費に関していえば専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。

普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。



特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。
しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりまた介護士となって復職を果たすという、そういった人がじりじりと増えていっているようです。



介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。

患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。


勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。


何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、仕事上での必要性や重要度は大変高く、意義の感じられる仕事です。24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。
そういう訳で、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。職場を変わられるときには介護士の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。

注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。



志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去の経験を生かせそうだからというような、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。

学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。
ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、「転職しよう」と決めたのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。
スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。
でも、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、といやでも思い知らされた出来事でした。


一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。
また、介護施設や保育園も介護士の職場と言えるでしょう。

それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は介護士にも同じことが言えます。



地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり収入に差が出てしまいます。
こういった事を考えても、平均的な介護士の年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。



新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

医師、そして、介護士。二つの間には大きな違いがあります。



分かりやすい違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。



他方、介護士の場合は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。


かつての介護士は女性が担うものというイメージがありました。しかし最近の傾向は、介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の介護士も珍しくなくなりました。介護士に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。一般的に、介護士として勤務する人は女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。加えて、働く時間帯がイレギュラーであることや、キツい仕事だということも原因となり、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。


収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。
どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それから、患者さんの家族の人たちに感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、辞めてしまおうと考えてしまうはずです。


以前は介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年では少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。看護の際、患者を移動させたり入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性介護士の活躍する場面は多々あります。



給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。

日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。



介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それを支払ってもらえるでしょう。
一方、個人経営の介護施設になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。

介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士は激務をこなしているのが実情です。徐々に男性介護士も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどれほどの難しさなのでしょうか。資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。内容も今までの授業でしっかりと勉強していれば合格できますので、これといって高難度な資格ではありません。
介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。

ですが、注意点ですが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士より給料の額が減ってしまうことが少なくありません。今の収入を減らしてでも、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。

基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは勤めている現場で違っています。



3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも当たり前にあります。むしろ、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。
転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。
介護施設で介護士として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上にキツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、介護士の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも実際に役立つことがよくあります。

例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。
介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。
特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。


それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。



忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。



求められるスキルも介護施設や、診療科によっても違います。

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、介護士で多いものは、職場での人間関係のストレスや不規則な勤務形態です。

やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も実は多いのです。
また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心美
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/udwy0t5i43t0or/index1_0.rdf