クジラ軒@品達 

2004年12月13日(月) 2時43分
本日クジラ軒@品達にいってきた。


待ち時間は、これまでで最短の20分くらい。


650円の支那そば(650円)を注文。


港北の本店で食べたときの印象からすると、


確かにおいしいのだが、風味が薄い=アクセントが弱い。


ほうれん草は硬いし、チャーシューはやわらかいだけで


うまみはチャーシューから流れ出ているといった感じ。


☆は.3.5/5といったところ。



あとはキビとせたが屋を残すのみ。

蔵六@品達 12/2 

2004年12月03日(金) 2時27分
12/2 品達オープン第2日目

昨日に引き続き「品達」詣で。。。

人の数は一時間早い分、多目。全店が営業していた。

ということで、本日は、パンフレットでうまそうに見える「蔵六」に並んだ。

スープはとんこつベースの魚介風。

スープが微妙に乳化しており、旨味成分を
これでもかというぐらいに、閉じ込めていた。

ら博のふくちゃんのスープが薄く感じるほどだ。

麺はストレート細麺。
もちろんカタ麺でオーダー。

チャーシューは2枚。
やらわかであるが味が若干濃い目。

しなちくは、極太。
いままでにみたことがないほど。
適度な柔らさである。


星5つ ☆☆☆☆☆

saijo@品達 

2004年12月02日(木) 2時55分
saijo@品達

12/1 品達オープンの日

月初第1営業日ということで、普段の月であれば夜9時過ぎまではあたりまえのように
仕事をしているのであるが、待ちに待ったラーメン不毛地帯である品川で
うまいラーメンが喰えるということで、会社のら族と20:30に会社を出た。

ものすごい人の数で、営業しているのは「Saijo」「蔵六」「くじら軒」のみ。
他4店は麺切れ スープ切れで並ばしてもくれなかった。

ということで、3軒のうち、伝説の塩をうたっている「saijo」に並んだ。
21:01に並んだが、チャーシュー切れにより、私たちが最後尾となった。


もともと、「saijo」ねらいだったため、ラッキー。

40分並んで、最終客として入店。

「塩ラーメン 750円」を注文。
店主「最上さん」は、パンフレット通りのネルシャツを着用されていた。

スープはだしのため、わずかに濁っており、旨味が凝縮されていた。
麺もちじれ麺がよい感じにスープと絡まり絶妙。
チャーシューはやや味が濃い目である。若干、パサツキ気味のものと
とろみがかったものとが混在していた。

星4つ ☆☆☆☆★

レディージョーカー 高村薫 

2004年11月15日(月) 1時07分
やっとこさ読み終えた。

映画が公開されるということでどんな内容になるのかと興味本位で読み始めた。

キーワードは 「グリコ森永事件」部落差別、右翼、総会屋対策、大企業の経営者って、
救いとは?そして高村薫得意の男同士のプラトニックな同性愛でした。

どうもこの人の作品は読み込まなくてはいけないものが多く、図書館でかりてきて期限までに返すという本ではない。

ブックオフで100円でうってるのを探そうかな!
映画化でどのように描写されるのかは楽しみである。

八月のマルクス 新野剛志 

2004年11月09日(火) 1時36分
第45回(1999年)江戸川乱歩賞受賞作品、応募原題は「マルクスの恋人」

あっちゅうまに読み終えた。

それは本の世界に引き込まれたのではなく、ストリーに厚みがないためかと思われ。

確かに自分ではかけないが、随所に見受けられる作者のハードボイルド小説に対する先入観が鼻につく

裏寂れたバー、モルトウイスキー、アーうすぺっら!

もうこの人の本は読まないと決めた。

彼を選んだ作家達はだれかとおもったのでぐぐって見る。

でてこない。

諦める。

受賞作一覧はわかった。以下参照
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SC/PrizeInform?SHOUCD=006

評価は5つ星のところ★★である。

ふくちゃん@ら博 

2004年11月08日(月) 1時25分
会社の同僚とら博ツアー2回目。
10/31でスミレが撤退するいうことだったので、まだたべていない私は俄然乗り気であった。便利なもので今ラ博は待ち時間がケータイから確認できる。
電車の中で確認したら6:30時点で45分待ちであった。

結局あまりに待ち時間が長いということでシブシブ諦め、新店の博多「ふくちゃんラーメン」に挑戦。 ややうま。 東京の人が食べやすいとんこつラーメンである。

ワンタン入りカタ麺でオーダーした。スープはマイルドで臭みを感じさせない。
すすむすすむ。でもドトンコツ魁龍にやられてしまった私としてはものたりない。

替え玉は普通でオーダーした。のびのびであった。
やはりとんこつはカタ麺に限る

電車に忘れ物したら#2 

2004年10月25日(月) 0時11分
駅員「残念ながら駅に届けはでてないです。」

私「とまっている時に点検とかはないんですか?」
  新幹線とかだとホームに新幹線が入ったあとピンク色の制服をきた
  おばちゃん軍団がごみの回収をしているのをイメージして質問した。

駅員「全部の電車を毎回東京駅で点検していなんですよ。
   一日にひとつの電車を2〜3回点検はするんですが。。。
   でも、今日中には必ず、遺失物(忘れ物)の届けがあれば
   このパソコンで全部確認できるから。どこの駅でも確認できるから。」
とちょっと自慢げなコメントをよこした。

手元に遺失物の届け出用紙が山積であったので、

私「こちらに記入すればよいですか?」と聞くと。

 おもむろに、B4版大の野球のスコアブックみたいな管理簿を取り出し

駅員「こちらに直接記入ください。」とのこと。

スコアブックには、多種多様な記載があって、私と同類の人たちが、
5W1Hの法則にのっとって
 「携帯をいつどこでどうやってなくした」
 「財布をいつどこでどうやってなくした」
 「かばんをいつどこでどうやってなくした」
かと、プラス、私を含めてその人たちの連絡先として携帯電話の番号、
住所、勤務先などなど、名簿業者がものすごくよろこびそうなデータを
みる事が可能でした。

 個人情報の漏洩がこれほどまでにやかましくなっているなかで、
このノー天気さはやはりなんだかんだいっても「国鉄」なのでしょうか?

さて、礼服をなくした経緯等をざっと記入したら、「見つかればご連絡します。」
とのこと。

しょんぼりと出社し、職場のみんなに情けないことを報告し、仕事を
していました。

11時頃 会社の電話がなり 「○○さん JRから電話です。」

喜んで電話に出ると案の定
駅員「JRの■■です。○○さんでしょうか?東京駅で礼服見つかりました。
   恐らく間違いないと思いますので今日とりにこられますか?」

私 「お昼過ぎには伺います。」

駅員「では東京駅の東海道線の第5ホーム 駅事務室に身分を証明できる
  ものといっしょにおこしください。なお、遺失物の登録番号が5桁で61***
  です。東京駅にきたときに忘れずにお伝えください。遺失物をすぐに
  見つけれるようにしておきますからっ。。。」

また 忘れた 

2004年10月23日(土) 21時29分
台風23号直撃日当日、
また、忘れ物をした。

通勤電車の網棚にである。

会社の元副社長がなくなり、台風が接近しているのに通夜があるため
応援メンバーとして召集された。香典の計算係として。

いつもは、小さなユニクロのかばんだけの通勤だが、当日は台風に備え、
かばんと傘に加え、AOKIのスーツカバーにいれた礼服の3点セットとなった。

普段は、を読むため両手をあけたいのと、かばんを忘れるといけないので
肩からかけて網棚にのせることもない。

仮に、雨の日で傘があっても、忘れないようにかばんに引っ掛けておく。

でも、ひさびさに持つ礼服は重かった。
礼服を持ちつつ、を読むのはつらかった。
網棚があいているので、迷うことなく礼服をのっけてしまい、読みかけの
「レディージョーカー上巻」を読み出した。

川崎駅についたときに、礼服を忘れないようにと網棚を再確認したのだが、
レディージョーカーが佳境に入っているので、読み込んでしまった。

品川駅についたときは、後ろから押されたため、そそくさと降り、いつもの
場所まで普通に歩いていた。

階段を降りるときになって、はっとした。

「右手が軽い。軽すぎる。やってしまった。」

そこからは改札で「忘れ物をしたんですが?」とすまなさそうに聞いてみると
「そのまま山手線の駅のホームにある駅事務室にいってみてください。」とのこと

駅事務室に駆け込んで、

私「網棚にAOKIのスーツカバーに入れた礼服を忘れてしまったんですが。。。」

駅員「何時何分品川駅着?の電車にのってた?」
   「何時何分○○駅発? 何号車に乗ってた?」 と矢継ぎ早の質問攻勢

私「9時5分頃品川につきました。 ○○駅は逆算して○○分頃ですかね?」

駅員「この時間 本数が多いから時間が特定できないと厳しいいんだよね。」
と自分が何時の電車に乗っているのか知らないのと蔑んだ目でのコメント

私「・・・。号車だったらわかります。○号車です。」

駅員「・・・。とりあえず東京駅に届があるか確認してみます。」

  しばし、駅員は電話をかけ、私は立たされっぱなしで結果をひたすら待つ。
  5分ぐらいして、

続く

台風23号の名前(トカゲ) 

2004年10月21日(木) 19時56分
ってどうだろう!と思っている人は多くいると思います。

気象庁のHPをのぞいてみたら、説明がのっていました。

http://www.kishou.go.jp/know/typhoon/1-5.html

米国が命名した名前がそれらしくないので、気になって仕方がなく、
気象庁にメールしていまいしました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

HP 楽しく読ませていただきましたが、

http://www.kishou.go.jp/know/typhoon/1-5.htmlに記載されている
米国が命名したという名前は英語ではなくネイティブインディアンの言葉なのでしょうか?

ご連絡の程よろしくお願いいたします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

回答が楽しみです。

台風の目 

2004年10月21日(木) 19時08分
台風の目と思われる写真

和歌山県田辺市の田辺海保庁舎から撮影された、田辺湾上を通過する台風23号の目と思われる写真(20日午後5時15分ごろ)(田辺海保提供)(時事通信社)09時12分更新



す、すげーってかんじです。
名前はトカゲだったけど。。。
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:udonwagamou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる