池上と鶴田

January 31 [Tue], 2017, 17:26
移植診療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸診療などが適用されることもあります)されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。
また、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要でしょう。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント手当てに及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。



移植診療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、執刀後に周辺組織が形成され、移植があごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でもオペレーションから診療終了までの間、つらくても禁煙(喫煙してはいけない場所、または、喫煙を止めた人をいいます)するのが正解です。移植治療の問題点をいろんな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、移植を埋め込んだ人は、頭部核磁気共鳴画像法検査は不可という話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を造るのが核磁気共鳴画像法なので、金属があれば、そこは乱れて映ります。移植には主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。忘れてはいけない移植のメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにすごく自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。
無くなった歯を移植で補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。
これはなぜでしょうか。一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化した移植周囲炎になっているケースもあり得るのです。自分も沿うかも、と思った方は、一刻も早く、移植診療を行った病院に行くべきでしょう。

歯科診療の移植とブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆる移植診療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工根元を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を1回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。審美性を考えた場合、多くのケースでは移植が優っていると考えられます。
先に書いたように、ブリッジ診療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

歯科では、一連の手当ての中に保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸診療などが適用されることもあります)と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼすべてインシュアランス適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸診療などが適用されることもあります)外です。保険が適用されればありがたいのですが、移植を作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸治療などが適用されることもあります)が可能な他の診療方法よりも手間がかかると一緒に、設備や技術が求められ、どこでもできる手当てではないからです。インプラントを埋め込む執刀前後の処置や、移植と周りの歯がなじんでうまく噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。



診療の一部を保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸診療などが適用されることもあります)にするだけでも、結局は健康インシュアランスの赤字が増えてしまうので、インシュアランスの適用は拡大しません。移植の利用を考える際に、オペレーション後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。



歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがナカナカ引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

どんな治療でも沿うですが、移植メディカルケアで重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する診療なので、その腕は持ちろん、どみたいな検査を行って、検査の結果をどう見るか、オペレーション後のアフターケアはどうかなどですべて歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントの場合、歯科医による診療成績の差が特に大きい診療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適な移植生活を決めると言っていいでしょう。歯科における移植診療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっているのです。持ちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、診療方針を決めてから初めて診療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。それから、手当て後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。



新たな歯科医療の形として注目されている移植。その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われているのです。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。


人工歯根をあごの骨に埋め込む執刀をして、骨になじませるのが移植治療です。
執刀が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みがつづいていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
代表的な移植適用のケースは、失った歯だけのメディカルケアで済ませたいなどの希望があるケースです。


たとえば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えをつくらなければなりませんが、これに対し移植治療は、失った歯に見合った人工根元を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、移植診療を考えた方が良いですね。
人工付け根を骨に埋め込向ことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使ってつくられているためです。ほとんどの移植メディカルケアはインシュアランスが聞かず、全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは診療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番いいでしょう。

移植が固定され、義歯が不自由なく使えれば移植診療もオワリます。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならずその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に1回のペースで定期検診をうけるように言われます。定期検診をうける費用は基本的にインシュアランスが適用されるので三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yamato
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/udlordnewiefvo/index1_0.rdf