オンライン英会話で日常会話

November 28 [Wed], 2012, 12:06
スカイプを使ったオンライン英会話のレッスンを受けています。毎週1回2時間をパソコンの前に座って、画面を見ながら英会話の練習です。先生は優しそうなアメリカ人の男性で、2時間の練習が楽しみになっています。

英会話のレッスンの前に、パソコンの画面に写るところを掃除して、お化粧直しをして、きれいにしてからレッスンにのぞみます。先生のマイケルはいつもきちんとスーツを着ています。遠くに離れているのに、スカイプだと目の前にいるように、声もはっきりと聞こえるし、顔もはっきりと見ることができます。

発音を真似する時は、先生の口元をよく見ることにしています。そして、間違っても、笑われたりしないのがすごくいいです。最近は、私の英会話力も少しはついてきたようなので、日常会話をしています。

今日は何をしたのか、とか、どんな音楽を聴いているのかとか、何故それが好きなのかなど、英語で話し合います。私にとっては週に一回の楽しい時間です。

オンライン英会話
オンライン英会話で特訓

原因の特定と除去

August 21 [Tue], 2012, 18:22
間質性肺炎ですが、原因が特定された場合は当然のことながらそれの除去が第一となります。これに加え、膠原病が原因となる物には副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤が、副作用に注意しながら慎重に使用されます。

ですが、原因の特定されていない「特発性間質性肺炎」もあり、いまだに治療法が確立されていないのが現状です。この特発性の場合は、一般に、安定期と急性増悪期で治療が異なってきます。

確立されていないとは言いつつも、何らかの治療が手探りで行われているわけですね。では、安定期の場合を見てみましょう。安定期とは、この疾患が慢性に経過して、変化に乏しい時期が数年間続きます。

この間は、ただの経過観察、もしくは少量の副腎脂質ホルモン投与、薬の吸入などを行います。また、感冒や肺炎などをきっかけに、突然急激に悪化する事があります。これを、急性増悪期と呼んでいます。

この時期の治療法としては、感染を十分に抑える抗生物質を投与しながら、副腎脂質ホルモンの大量投与を行います。しかしながら、効果は一時的な事が多いようです。

小さい花

デイサービス

August 21 [Tue], 2012, 16:20
看護師で短期・単発のアルバイトを探していたら、デイサービスというお仕事が見つかりました。デイサービスとは主に高齢者を対象に老人デイサービスセンターで入浴や食事、訓練、介護方法の指導などを行う業務のようです。

これは介護の知識も伴うので、介護職員や作業療法士といった方々と協力して業務を行うことになるみたいですね。デイケア・デイサービスの勤務の場合は利用者である高齢者の方が朝から来店されて夕方には帰宅される、日帰り通院となっています。

そのため、病院では夜勤があったり残業があったりと勤務時間が不安定なのに対して比較的安定している点が働きやすいということで人気が高いようです。介護職の業務との区別が付きにくい点ではいろいろと悩んでしまうこともあるようですが、あくまでも看護士として、バイタルチェックなど看護師の資格過程で得た知識を活用していくことになります。

デイサービス・介護施設での求人情報は求人雑誌やナースバンクで掲載されていますので、"病院とはまた違ったところで働いてみたい。"という方は考えてみるのもいいかもしれませんね。

SEO対策

これからはSEO対策が大切

August 08 [Wed], 2012, 13:43
多くの人が何かを調べるためにインターネットを使ったことがあるかと思います。その時に表示される検索結果の順位を疑問に思ったことはありませんか?これは、信用できるサイトだから上位に表示されているわけではないのです。

検索をしたときの順位は検索エンジンの中にいるロボットが規則に従って並べていると考えると分りやすいのではないでしょうか。つまり、このロボットが気に入るようなサイトにすれば検索結果が上位になるのです。

これを考えると、ロボットに気に入られるサイトを作れば検索結果が上位に表示され、そのサイトを見る人が増えるということになりますね。これをSEO対策といいます。

多くの企業がSEO対策を行っているので、定期的に自分のサイトの検索結果の順位を確認することも大切になってきますが、人に見てもらうことを目的としたサイトであれば行う価値はあるのではないでしょうか。これからの時代はネットを有効利用していかなければいけないのでSEO対策が大切す。

SEO対策
SEOを意識したページ制作

洋菓子の歴史と製菓材料

July 30 [Mon], 2012, 19:06
洋菓子の歴史に少しふれてみましょう。難しい事はありません。洋菓子は16世紀にはもう日本に来ていたようです。江戸時代にはもう既に存在していたと言う事ですね。その頃は洋菓子と言う言葉はなく、南蛮菓子と呼ばれていたそうです。

明治時代あたりから、洋菓子と呼ばれるようになったそうです。戦後の日本には数多くの洋菓子屋が存在していた様子。ただし、これを買えるのは一部の裕福な人のみ。そして、戦後の日本の回復を待って、庶民に広がったようです。

今では製菓材料も簡単に手に入り、手作りの趣味とさえなっている洋菓子ですが、ずっと一部の人間だけが食べられる菓子だったようですね。今、この時代に生まれて良かったとしみじみ思います。

美味しいお菓子を思う存分食べられるのですから。卵にバター。たくさん食べられて幸せ。洋菓子の製菓材料はは何よりこの卵とバターの多用に特徴があります。手ごわい相手ですものね、お菓子作りをする人間にとって。卵とバターって。

オンライン英会話