宇都が前川

February 08 [Mon], 2016, 21:31
休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でやりようによっては、土日に休むことも可能です。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいていちゃんと土日休みになっているはずです。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。ただし、そうしてうまく、戻ってこられるかどうかは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りもしやすいはずです。こういった事例は増加しています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってきて、働く人も増加中です。看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。こういった勤務形態ですから、多少強引にでも時間の調整をしなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。残業代の未払いは、労働者が新人かどうかは別の話ではっきりと労基法に違反しているのです。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。看護師としての勤務は、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのがベストな形だと思います。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が判明しました。挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職という選択をすることにしたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。いま日本においては、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。とは言っても、看護師国家試験の勉強をしてもし、3年以内に受からなかった場合、帰国する必要があります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても大変だというのが現状です。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。そういった、看護師を養成する学校は複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。よく見てみると、純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が高くなるといえるでしょう。ですので、看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤がある勤務先を選択してください。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。ここのところ、看護師は不足傾向にあります。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師をやっていないというケースは少なくありません。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは看護師の離職率が高いということが大きいと思います。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。大多数が女性の職場なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、しんどさを覚える場面も多いはずです。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。昼夜にわたる、大変な仕事によってどんどん疲れていって、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。私の勤め先は病院の事務です。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。しかし、案外、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。看護師の場合は安定していると思われることが多く、借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ですが、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような看護師の場合には当てはまることなのですが、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。勤務中の看護師というのはなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより多くの看護師はストレスに悩まされます。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、心にも大きな負担がかかるということになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。忘れてはいけないのが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事が多いようです。今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、どちらでも書くことができます。過去には「看護士」が男性、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが大体の相場らしいです。パートの仕事の割には良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。看護師には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。病院以外の働き口も看護師には多く、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の医療機関において副業を禁止、としていることもあります。また、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、業務を行なう上で必要な事柄を勤務終わりの人が勤務始めの人に説明を行います。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すようにします。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも求められます。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、看護師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。理由として、看護師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が深く関与しています。転職先も雇用形態も特に希望しなければ条件に合えばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近年では男性看護師の割合も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、注射されるならベテラン看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。看護師の資格を取得するには主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安くカリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる場所で働けるようになるはずです。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。世間では、看護師はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間一般では印象良くとらえているという人が多いでしょう。ですが、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。プラス面だけに着目せずに、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。一般的に、看護師という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが見て取れます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。高給が約束された安定した業種としては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠人
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uderonsguponet/index1_0.rdf