寺下が塩谷

February 04 [Thu], 2016, 6:17
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
基礎体温はつけていたんですけど、出来ない時は出来ないのだと感じました。
親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。
ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。
その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。
ヨガによって血行が良くなると、自律神経が整い、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
妊活なんて聞くと、女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも男性に原因がある事もあります。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。
その効果は日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。
しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください。
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。
葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素なんですよね。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい、なんてこともあると思います。
無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足した葉酸を確実に摂取できるという訳ですね。
妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
妊娠しづらいように感じ始めたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。
たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
友人は妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。
彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、良かったと思っています。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。
そんな不安を解消してくれるのがサプリです。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配の必要が無くなります。
妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることがポイントです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souma
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uddkcintr6cu3o/index1_0.rdf