輸液の調査・研究結果テスト

December 03 [Tue], 2013, 17:38
しかし、輸液に関するミスは非常に多くなっています。
美容医療、または栄養不足のときにビタミン点滴をすることがあります。
麻痺の状態を悪化させる危険性もあるため、麻痺していない部分から看護師が点滴を行いましょう。
計算があって、その計算に基づいて点滴のスピードを決めます。
新人看護師は見た目や言動、行動でだいたい察しがつきますが、新人看護師だからといってあまり緊張する必要はないでしょう。
看護師が点滴をする時は、患者さんや家族から下痢の量や嘔吐の量、飲食量を聞き出して、体重減少を計算します。
医療機関で日常的に実施されている点滴は、必ず目的があって実施しているものです。
患者にも、とにかく点滴をしてほしいと望む人が多いのですが、点滴は万能ではありませんし、栄養補給ができるというのは返って危険です。
点滴を差す部位についても、痛みが強くないように気をつけることが大切です。
脱水症状の状態は体重の何パーセントの水分が失われたかによって判断されます。
点滴バッグは常に患者さんの心臓よりも高い位置に置いておくことも必要です。
研究会で扱っているのはどれも科学的に根拠のある方法ばかりです。
点滴は適当にあわせただけではうまくいきませんから、みんなで確認しあいましょう。
看護師さんになったら、、、
看護師のための輸液大百科
看護師のための輸液覚書
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:udcypjgh
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/udcypjgh/index1_0.rdf