「地球破滅発電」その1 

June 05 [Sun], 2011, 7:59
2011.6.5.
 政府は、2020年ごろまでに自然エネルギーを20%以上にすると発表したが、それは環境にとって非常に危険な方針だ。政府は即撤回するべきだ。

 自然エネルギーの中で一番知られている太陽光発電は、コストが非常に高く天候不良時は発電できない。また、生産段階で有害物質を出し、設置から10年以内にほとんどの太陽光パネルが故障する。

 影が少し薄い「風力発電」は、風がある程度なければ風車は回らない。また、飛行機のエンジンと同様、風車にも「バードストライク」が起こり生態系を崩してしまう。さらに、風車が回った時に振動が発生し、近隣住民に健康被害が及んでしまう厄介者だ。

 このように、政府は自然エネルギーの欠点を何も理解しておらず、生態系の破壊だけでなく人間の健康悪化も招く可能性が十分にある。原子力依存というのも全く分からないが…。 つづく

「ゆとり教育詐欺」 

June 04 [Sat], 2011, 7:45
 約30年前から高校で先行してゆとり教育がはじまり、9年前から小学校で本格的なゆとり教育がはじまりました。今、ゆとり教育による影響は学力だけでなく人間関係についても問題になっています。

 学力の面では、授業数の大幅な削減や教科書のページ数が減ったことで、学習に費やす時間や一般常識の量が減ったことが要因です。特にもろに影響が出た教科は「算数」と「理科」です。実技教科といっても過言ではないこの2教科の学力は、授業数の削減により先進国から見ても日本は低い水準にあります(10年前は上位でした)。

 特に、理科は実験や観察をする時間がとても少なく、授業に使う実験器具や薬品などを購入できる予算は、大体50万円しかないので、それが理科離れの原因と思われます。

 次に人間関係の面では、成績の付け方が原因と思われます。従来の成績の付け方は「意欲」「関心」「態度」の項目がバランス良く採点されていました。しかしゆとり教育になってから「態度」の項目を重視して採点するようになったと言われています。そうなってしまうと、例え宿題をやらなかったりテストの点があまり良くなくても、授業態度が良かったりその子は人物が良いと先生が判断すれば、優秀な子になってしまうのです。それが今、大学や社会に大きな影響を与えています。

 厄介な「ゆとり教育詐欺」の被害を少しでも解決していくためには、日常生活に+α加えることでより人間らしく生きていけると思います。例えば…
  
  ・ニュースや新聞、インターネットなどで社会の出来事を見る。

  ・その分野に興味を持ったらすぐに調べる。

  ・自分の通学路などを注意深く観察しながら歩く。…

 どれもすぐ行動できますし、何か惹かれるものが見つかったら、迅速に調べて脳にインプットさせることが大事です。私も、小学校3年生からゆとり教育が始まった「ゆとり世代」なので、日々学び続けて行きたいと思います。

「震災を忘れた政治家」 

June 02 [Thu], 2011, 6:44
 日本の政治は「内閣不信任決議」で誰が造反するかで大盛り上がりですが、日本国民はあきれていて、特に被災地の方々にとっては非常に腹立たしい状況です。

 兵庫県南部地震や新潟県中越地震ではある程度政治の方もリーダーシップを発揮しましたが、今回の東北地方太平洋沖地震の国の対応はもう見ていられません。これには民主党には当然責任がありますが、復興ビジョンや予算について全く口を出さない野党にも大きな問題があり、国会議員としていないのも同然です。これではただ与党に口を出す輩です。民主党も野党時代のままの方々が多くいて、与党としての自覚が全くありません。震災の後、日本政府が日本国の「政治の衰退」を堂々と国民に見せつけました。

 ひょっとして3か月前にあった大震災のこと、もう忘れてしまったのですか?日本国の政治家の皆様方。

おはよウナギ♪ 

June 02 [Thu], 2011, 6:41
はじめまして&よろしくお願いします!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うだっち
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1994年2月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uda1-0210/index1_0.rdf