岩瀬が神崎

February 12 [Fri], 2016, 22:08
キャリアアップを志して転職する看護師も少なくありません。

スキルを高めることで、高収入を得ることも可能です。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。

かなり以前は、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は人々に捉えられていたようです。でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であることを、知らない人はあまりいないはずです。

というのも、看護師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。

要するに看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。


看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。



それは協調性の高さの表われでもありますが、何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。職場がそんな人間関係ばかりだと少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。

昔は男の看護士に限って、士という漢字を使用していました。

ところが、今は男の場合でも女の場合でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師を付加するように変更されています。看護師と看護士の二つを使用していると、あやふやで分かりにくくなるので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。
学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。
ちなみに酒豪が多いです。

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。

正看護師と準看護師の仕事内容に関しては、そんなに大きく違う点はありません。


ただし、準看護師は、医師か看護師による指示により、業務を行うことを定められていて、現場での立場は正看護師が上に立つことになります。

年収については、各病院での規定がありますが、差があるのが一般的でしょう。


看護師になろうと思っていました。


でも、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。
でも、夢を諦められませんでした。

思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも考えましたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、実際に看護助手の立場で働きながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。薬品についても妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。

勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。



ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。
交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護師が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に伝えることになっています。


患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すようにします。あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。看護師とひとまとめにしても、仕事先でバンバン業務をこなしたいのか、介護がらみの職につきたいのか、あるいは、専門知識が役立つ事務系の勤務をしたいのか、多様にあるでしょう。それとも、大きな病院に勤めたいのか、また、小さな個人病院に勤めたいのか、仕事場人数や就労時間なども大切です。看護師の資格試験は、毎年一度ずつあります。


看護師数の確保がの困難が指摘されている日本の社会にとって嬉しいことに、この数年看護師試験に合格する率は、9割ほどで非常に高いレベルを、動かずにいます。看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、予め決められたラインを超えれば資格を取得できる試験です。


看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には出てこない案件も数多くあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。看護師になるための手段として、一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。そして、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。
あなたが希望するあらゆる細かい条件まできめ細かに整理して、また、転職エージェント選びをしてください。

そうすると、自分が求めるような転職先が紹介してもらえたのかどうか、判断できるようになっていきます。
私が看護師の仕事に身を投じたいと、思うようになったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える人の助けになることに、仕事のやりがいを見出しているからです。

私もその昔入院中に、病院で、看護師さんに助けてもらい、私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと決意しています。外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。まず第一に、術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。考えられる短所はといえば、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。入院中の知人の顔を見に行ったのですが、看護師が患者の対応に追われている姿を見かけたのも珍しくありません。患者の中には体が不自由なために、何度もナースコールを行う人も多いのです。看護師さんは、いつもいるわけではない、お見舞い客がちょっとみるだけでも、苦労続きだと思います。
資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、何てったって、働いていない期間が長くあったとしても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。
その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合によりすでに50代になっていても再び働くことができます。求人情報誌で探すメリットは、手軽に手に入り、多くの求人情報の比較がしやすいことです。コンビニなどで入手して、自分のうちで、ゆったりと転職先を探すことができます。
だすが、正社員を雇用する求人もありますが、アルバイトやパートといった雇用スタイルの求人に偏っている傾向があります。また、必須スキルや職場環境などが理解しにくいこともあります。
みなさんご存知のように、看護師の休日については本人が働いている医療機関で異なっていますから、一概には言えません。

その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも普通です。

むしろ、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨウタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ud15tratuyc8mh/index1_0.rdf