解散

March 28 [Wed], 2012, 6:12
今日母親からメールが届いていました。
覚えてるグリーンファイターズが32年も続いたけど解散するんだって。
グリーンファイターズは、俺が小学校1年生から6年生の時にお世話になっていたスポーツ少年団、いわば少年野球チームです。
グリーンファイターズって直訳すると緑の戦士達っていう変なネーミングなんだけど集合場所がグリーンタウンっていう集合住宅のグラウンドだったのでそういう名前なんです。
グリーンファイターズはとんでもない弱小チームで、大体の試合はコールド負け。
地区で恐らく2番目に弱いチームでした。
ピッチャーびびってるぅじゃないけど、攻撃の回はチームのみんなで打者を応援するんですが、1番弱い弱小チームに勝ちそうな時、あと1ナウトで焼肉パーティーやぞやっきにくやっきにくそんなクソみたいなコールを起こして、監督に試合中ガチギレされたのは今となっては良き思い出ですあとはたまにある公式トーナメント戦も、1回戦で負けると次の日曜は試合がなくなり、練習すらなくなる可能性もあるもんだから、1回戦で負けても全然悔しくなかったですし、むしろ喜んでいたように思います一応小学生ながら、日曜はたまの休日、遊びたい盛りでしたからね。
入団は、小学校1年生の時に小学校のプールで釣りの大会があってそれに行っていたときに、偶然グラウンドで練習してたのが、グリーンファイターズでした。
俺は野球がどんなものなのか全く分からず、ただただあれやってみたいと母親にをこねたんだと思います、あまり覚えてません。
とにかく、何か子供心ながら心を打たれるものがあったんでしょうね。
結局好奇心だけで入った野球チームですが、何せ俺が1年生で初めての団員だったもんだし、今と変わらずものすごいドンくさい子だったので、入団してもあまり楽しい思いはできませんでした。
野球の面ではとにかくこのチーム、キャンプや焼肉パーティーやイベントが多かったので、それだけの思い出はたくさんありますハゲ頭のコーチを散々ちゃかしたり、やたら背の高い監督が車を運転するとき座高が高すぎてルーフと頭の隙間が全くないっていうそれだけでみんなで爆笑していたのはすごく覚えてます監督やコーチにとっては、まぁ相当めんどくさい代でしたね俺らはこのイベント系以外は、野球の練習や試合だったので、最初は自分からやるといったにもかかわらず、わざわざ日曜祝日に野球のために出て行くのが嫌々になってて、特にスポ少に入ってない友達が休日にゲームやったり自由にしていたのがすごく羨ましかったです。
そんな俺達も、6年生最後の公式トーナメント戦、最後ぐらいみんなで全力で練習して試合に勝とうぜっていう流れに、どうやってなったか分からないけどなりました。
そんで皆で学校ある平日の終わりにグラウンドに集まって、ランニングベーランキャッチボール素振りックバッティング、あらゆる練習をほぼ毎日しました。
どのぐらいの期間だったかな。
団員の中には、女と遊んでる非協力的なやつもいましたが結局そいつは練習に一回もこなかった気がする。
この練習以外でも、バットの素振りを庭で夜暗くなるまで毎日やってたのを思い出します。
そんでいよいよ迎えた試合。
1回戦はボロ勝ちしました30対16とかそんなスコアだった気がする。
ボロでもねぇかみんなの打撃力あがりすぎワロタ俺打率10割だったし素振り効果ですぎでも結局2回戦の安威インディアンズっていうチームに、7対6で負けちゃったんだよな。
安威インディアンズとは、合同練習を一緒にしたり、その練習場で炊き出し安威は山の中なので炊き出しOKもしたりした、比較的近いチームだったんです。
めちゃくちゃ強いチームってわけじゃないんだけど、今までの俺達では到底届かないレベルの中堅クラス。
でも負けた時の気持ち今でも鮮明に覚えてるぜ。
本当に、本当に悔しかった。
あと、これでチームの皆で野球できるの最後だと思うと、涙が出てきた。
思えば野球で悔しいって思ったの、これが初めてだったかもしれない。
なんつーか、今思えば最後だけかもしれないけど、俺達やることはやったって、胸はって言える瞬間だった。
ものすごい貴重な体験だったんだな。
そして、何よりこの野球チームを運営しているのは、団員の父兄のみという唐ェ、今となっては本当に驚愕な内容である。
だって監督やコーチは、野球チーム運営が本業ってわけじゃないからね。
普段違う仕事して、たまにある日曜祝日、ぜんぶ少年野球チームに費やすんだからな。
今の俺じゃ、考えられねぇよ。
なかには、昔息子が団員だったけど、息子が卒団してもそのままコーチや監督を続けているっていう人もいた。
自分の息子がそこにいるならまだしも、全然知らない子供に世話したり、野球教えるんだからな。
当時のダービープレミアム監督コーチの背中でっかすぎやで当時の俺は、子供ながら、なんで日曜まででにゃならんのだよとよく思っていたけどそれを思う立場なのは監督やコーチだわな全く何十年越しに当時の大人達に恐れ入るんだか俺は当時何を思って監督やコーチは俺達のために毎週少ない休日を削って出てきたかって思うと、もう意味がわからんんけど目に汗がたまる一方でほんとに頭があがりませんよ。
いままでグリーンに対してほんとなんとも思ってなかったけど、解散をきっかけに今になって、あの時が本当に貴重な時間だったんだなって実感できました。
当時の監督コーチ。
俺は立派な大人には正直なれていないと思いますけど、一応生きて社会人やってます本当に当時はお世話になりました、ありがとうございます。
あなた達のようにどのタイミングでもいいから、子供達からすげぇって思われるような大人に、いつかなりたいです。
グリーンファイターズ、お疲れ様でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uczisw1n6w
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uczisw1n6w/index1_0.rdf