台湾の元宵節に1日の明かりを放す 

2006年02月16日(木) 0時06分

私達の台湾人の習わし
元宵節に~は1日の明かりを放す
>>
今年的平溪天燈節
今年の平渓の日の元宵節
主旨標語是這麼下的『天燈高飛、夢想成真』
主旨のスローガンはこのようにおりる『日の明かりの高飛は、成真を夢想する』だ
雖然,人多到不行
雖然,火車嚴重誤點
但看到了許多天燈在夜空中的樣子
真的很美
…が、人は多く駄目だことに
着いて、列車が深刻で遅れてしか
し多くの日の明かりの夜空の中の様子が本当にとても美
しいことを見た
個個天燈都有著無限的祝福
一日の明かりごとにすべて無限な祝福を持っている
我寫下小小心願,希望大家都能美夢成真
私は小さい願いを書いて、みんなの甘い夢の成真を望むすべて
然而隨著它昇空,我希望真的都能成真!
しかしそれに従って空に昇って、私は成真を望む本当にすべて!

情人節快樂 

2006年02月15日(水) 23時44分

友達 

2006年02月15日(水) 22時38分
友達...
天上の流星のようだ

あなたはそれがあなたと彼の縁の組であることを見ることができる
あなたはあなたの身の回りの人と友達を行うことができる
あなたと彼の縁の組だ
たとえあなたはこの流星がいつ消えてなくなることができ(ありえ)ることを知らないとしても
しかしもしもあなたはよくこの流星の15分ごとにを見ることを大切にするならば
たとえあれは流星があなたを歩いたとしてももでき(ありえ)ない 後悔する ...

一人の夕日 

2006年02月15日(水) 21時01分

あなたはまだあれらの華麗で光り輝く服を身につけている あ
るいはすでにからあれらの外在する証明がいらなかろう あれらの
単純な_を回想するのは実は少し残忍だ 現実は私達の無
邪気さを拒絶する あなたはまだあれらの
美しい追憶があって寝つく やはりあれらの仮相がいらないで
すでにから慰めるようにしよう 時間いつも短い_心の中は残念な
思いを隠している 双方になって仲裁を残念に思う 最後
に選んで本当でびくびくする間に散り散
りになる 夢を1つ見た 新しく古い恨みが様々な1つに
参加することを心配する
このようにする人がない どうして
も切れることをしなければ
ならない個 持ってこないでどう
しても持って行かないことを生む

この世界は毎日すべて変わっている
誰がすべてすべてに分かって変えるを除いてすべて変えて
いる あなたの唯一することができるのは心からが自分に対
応するのだ 二転三転しても心の中の孤独な感を変えられないためだ

 

2006年02月15日(水) 20時57分
よく似ているのが凧だ ベトナムが飛び越えるのは高い


ベトナムは越遠を離れる


もしあなたは自由を凧に返したのならば


あの風会は彼を持っていく


その他に一人に持つ


風もきっと更に別の1つの凧を持ってくることができ(ありえ)る

今彼は自由が要った


空はこのような広大さだ


私達ただこの世界〓角


再度が時間に負けたことを愛する


凧はとどまることができない


悲しみにいっしょに持っていかせるようにしよう!


最後の知らせ 

2006年02月13日(月) 20時32分

夜の流星はいつもそ
んなにの貴重な昼間の流星
が音声がない無利息
の中で彼女に蒸発するのが似ている
昼間の流星は私がかつて彼を見たこ
とがあって私の手元から音声がない無利息の少し
も懐かしく思わない
ことに蒸発したのだ

私が私がしっかりと彼だけを捉えると思う時
彼が歩い
て何も静かだった
と言っていない

私が第1回慌
ててこんなに慌てることと感じる


私突然忘れた私の頭どうしてさも
なくば私ぼうっ居住する自分の口譲らない自
分そのように声をはりあげて大いに
泣くそのように悲
しい私言う何さよう
ならという本
当にもう1度会うか

彼女たちがかるやかにあなたを強火に入れる
時私は本当でかるやかに〓音を言った...これにも
う1度会ってもどうやら流星に対して願をか
ける強火に私の記憶を落としてもう1度会ったこと
を丸飲みにさせる 親愛なる

多くの事はに間に
合わないため永遠の残念な思いがたとえ手の中の会った
ことがある流星が昼間もきらめいたのな
のだとしてもを大切
にすることをもたらす

時間を切る 

2006年02月12日(日) 20時49分

私にあげることができるかははさみをで
きるだけ裁縫の時間のあのようなである方がよい

それでは、私が、私愛情の点線に沿ってすこし
切る私の扉の初め会う一部分のバック・ハンド5割引に
する入れる恋しい思いの封筒の袋手当
たり次第につけ
る寂しい切手貼る郵送するこの
坑道いじる..とど
の1段の追憶を切って私
が思っていることができ
(ありえ)る。.
孤独な第9の坑道
の受取人は名前を
悲しい月光と言う

時間回転するまで(へ)とどまって裁
縫に保存されることが
できることができないことができないか



私はみんなの心の
中が最も忘れ難い時間とっくに縫うのがこの時
に心にとめた里ただ時間
だけといわないため追憶ということ
ができると
感じる

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ucs376127
読者になる
Yapme!一覧
読者になる