妊活なんて聞くと女性がやるものだという印象が

March 05 [Sun], 2017, 14:47
妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それが葉酸の摂取です。

不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大なはたらきを持たらす葉酸に注目が集まっています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は重要なはたらきをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

葉酸には、細胞分裂を促すはたらきがある事が分かっていますから、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)に葉酸が欠乏した結果、先天異常を発症する可能性があると報告されています。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をおすすめします。
二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。



妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)の性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じでドキドキしてしまいました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。妊娠後、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)のために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまうのですと大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要でしょう。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。



治療しているのですから、アトはおおらかに構えるのが大切です。


一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、コマツナ、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。


病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。とはいえ、毎日あまたの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。


たとえば納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをおススメします。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。

今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いです。

葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われているのです。なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはナカナカ大変なようです。

そのような場合はサプリメントを活用するのも問題ありません。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いでしょう。ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

その理由は、亜鉛が卵巣に働聞かけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果がある事が分かっています。健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を試してみて頂戴。葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。
葉酸はビタミンの一種で、多様な食べ物に入っている栄養素です。
その中でも含有量が多いものは、夏が旬のモロヘイヤですとか、コマツナ、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。



また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いでしょう。普段の生活や体調によっては無理をしないでに、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリメントであれば簡単に摂取できますから、おススメです。不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担がある事は明らかです。

自治体から助成金が支給されますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。
40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。


それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いはずです。

それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。この話は持ちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。


そのため、妊娠しても問題の無い母体になりますからに、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、彼女はベルタの葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だってテレビで見たことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)をぶじに出産して欲しいと思っているんです。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血に必須の栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすい状態を作り出すというわけです。それに、血液が増えると血行が良くなるだけでなくホルモンバランスが良くなり、不妊治療に役たつのです。まだ妊娠できないと悩んでいるときは、とりあえず基礎体温をつけることをおすすめします。たかが体温と思うかも知れませんが、基礎体温表をつけると、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役だちます。

基礎体温表を創るには、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、きちんと守っていくことが大切です。最初の1か月は慣れるつもりではじめてみましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miyu
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる