城田とセンダイムシクイ

June 24 [Fri], 2016, 20:33
ハーブの代表格、ローズマリーは、消臭効果や抗菌効果に加えて抗酸化効果まであり、生薬や乾燥葉をスパイスやお肉の臭み取りとしても利用されており、加えて雑菌の増殖を抑えたり、ニオイの元を除ける働きがあり、消臭グッズの内容として、重宝されています。身体のことやアレルギーを考慮すると、自然抽出の成分を利用していると安心です。たくさんシャンプーを試したけど頭皮の臭いに改善が見られない女性、頭皮の脂分が出すぎて髪がべたつく、洗ったところで臭さは変わらない、意を決してヘッドスパに行って見たけど、目に見える効果や違いは見られない、という方に、嫌な皮脂臭をちゃんとシャットアウトできるスター商品があるようです。聞くところによると、このようなデオドラント製品はあまり出回っていないようなので、インターネットでサーチしたら容易に見つけられるでしょう。30代になると女性ホルモンの均衡が崩れはじめ、同時に汗・皮脂を抑制する機能は低下します。普通、女性ホルモンは皮脂を抑制する働きをしていますが、老化や出産、精神的な負荷、生活スタイルが整わないことを理由に、ホルモンバランスが崩れることで皮脂が余計に出てしまい臭いを放っているのです。ニオイをなくすためのスカルプケアで代表的なものはシャンプーを使ったケアが一般に知られています。しかし、シャンプーでは、実の所、大多数の人が頭皮臭から解放されないでいます。その頭皮の悪臭は、加齢とともに増える頭皮の皮脂に起因しています。一昔前では、あまり気づかれなかった頭の臭い。文明の進化に関係するメカニズムの作用があるようです。エステティシャンの話によると、エステに通うお客様の中には、洗髪しても頭の臭さが取れない方は、思っているより、意外と数多くおられるようです。近頃はとりわけ「臭いと頭皮のベタつきに不安を感じて、頭皮ケア専用のシャンプーを利用し始めたけど、まったく 変わらない」という訴えがあるようです。臭い、フケ、かゆみについて頭皮に問題を抱えている女性は、頭皮のむっとする臭いを抑えたい、「頭がくさい・・・」といわれた、ちゃんと洗ったのにすぐ臭う、後方に立たれるとドキッとする、臭わないかと心配で思い通りのヘアースタイルを表現できない、気になって腕枕もできなくなる、等々のわけで深く苦悩する方が多々いるようです。人間の頭皮と顔の皮脂分泌量には3倍の差があります。頭の皮から分泌される皮脂の量は、身体の中で最も多く、その皮脂が酸化したり、雑菌が繁殖したりして、挙げ句、特異な臭いをまき散らします。そんな頭皮の臭い対策には、皮脂の量をセーブすることで頭皮の状態を取り戻すことが大事です。顔の肌と同じように、頭皮のうるおいが失われたり、紫外線を浴びることは大きな負担をかけます。身体の一番上部にある頭皮は顔と比べて3倍もの紫外線を浴びています。さらに、エアコンの入っている部屋ではうるおいが足りないので、水分量はエアコンが入っていないと比べると半分になっています。そのせいで、頭皮の状態が悪くなり、皮脂の量を抑えることができなくなるのです。頭皮や髪を見目良くしたいと思って洗浄成分を含むシャンプーで洗うことで頭皮にとって過酷な環境にしてしまったり、大切な皮脂まで落とし切ってしまい、地肌を保護しようと年齢と共に増える結果としてニオイを引き起こすという悪のスパイラルに入っています。リサーチ会社の調査によると男性的には、女性は頭皮のにおいケアをすべきと考える人は51%、女性の頭の皮脂臭を理由にパートナーに対する好意は下がるという人は84%、女性の頭皮の臭いのせいで別れたいと思う人は66%という始末です。女性が考えているより、頭が臭うという事は、男性からすれば重要要素だという事が見て取れます。>>>頭皮 ニキビ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ucnm0ytretaoel/index1_0.rdf