移民:環境は優美で、殘酷な現実

November 27 [Thu], 2014, 14:42
でも私は移民には熱中して、結局は客家人、四方を歩く本では自由の遺伝子。しかし現実には、私が最初に移民しないつもりだから、年齢に従ってだんだん長い、私は慣れない環境には、実踐の好奇心を失っていく冒険心。私は個性衝動が、また隠忍、にはならない冒険好きな人。
もちろん、私は、外の世界は好奇心。これはとても矛盾が、中年オヤジの通弊。私は好奇心があって、大概は想像の中の。読書、雑で氾に加え、深センで長年視聴香港テレビ局の習慣で、知らず知らずのうちに多くの衝撃を受けると意識して、外の世界は、思想はとっくに過ぎて遠方に行って「場。
私が外の世界を「よく」は、少なくとも、精神的にはコミュニケーションがあったが、ただ想像と文化にあったことが、大切にして、特にあなたに扉を開けると出て行った態度。当時私オークランド空港に着陸低い家から少し落ち込んだが、房前裏の景色が、私の心の中を明るく。見たところに沿って、私の想像の中に「西方の世界」、さらに意識、いわゆる童話しか生まれのような環境の中で、私は更には油絵この芸術品種も、こんな景色の中にしか誕生。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/uclpkui/index1_0.rdf