一安心

June 23 [Thu], 2011, 0:32
やぁやぁ

勉強以外の準備は着々と進んでいます

5日前に化粧品やら、薬やら、その他もろもろ、スーツケースには納まらないものをEMSで送ったんだけど、それはそれは面倒な作業でした。

ニュージーランドはアグリカルチャーメインのお国柄、動植物系の加工物・食品類とにかーくうるさいみたいでさ。(そこから国外からの種子が入り込んだりってことを防ぐために異常に敏感らしい)

化粧品もあまり送りすぎると商用かと怪しまれるって聞いたから当初発送予定だった品の半分は断念しました。もし商用だと判断されれば払う必要のない膨大な関税の請求が後日来ることに…

あと、薬!!市販薬はそれほどうるさくないみたいだけど、医師からの処方薬は医師のサインが入った英文の処方箋がないと駄目だとか…何のための薬なのか分かるように英文で説明をひとつひとつ書いておかないといけないだとか…

ビビりなんで馬鹿正直に事細かに申告しました。

あと、至る所に

「PERSONAL USE(個人使用)」って書きまくった。笑

まぁ、前置き長くなったけどその荷物がやっとNZに到着して、NZ国内の郵便局からエージェントさん住所へ出荷されたってことが確認できたのねん。

お母さん嬉しいよ荷物届くまで安心すんなよって話よね。

スーツケースの収納も終わったし、あとはノートを買うくらいかな?

で、現役バリバリでCAをなさってる人生の先輩と念願かなってお話しする機会がやっと持ててね。

先輩の話はわたしの知らない事ばかりでとっても勉強になる。聞いててのめり込んでいくの

おみやげ頂きました


大好きなBody&Worksのジェルとハンドクリームが

せっかくおいしいバイキングに行ったのに、ぐるぐるソフトクリームまであったのに、

食い意地本領発揮できない位ずーっとおしゃべりしっぱなし

その後久々にラゾーナの某カフェに場所を変えての合計7時間のノンストップトークはあっという間だった。

「どれだけ年齢が違っても、ゆかりちゃんには共感できる部分がたくさんある。それがキャラクターであり、魅力なのよ」

素直に嬉しかった先輩からのお言葉

駅でのお別れのとき、先輩はウルウルそしてハグハグ

おセンチになったけど、お互いに頑張りましょうってきちんとご挨拶できたよ。

最近ありがたいことに色んな人に見送り会をしてもらってて、本当に感動しっぱなしです

まさかこんな風にみんなが寂しがってくれるとは思ってなかったからさ。あたしも寂しいけど。

こんなチンチクリンのために忙しい時間を割いてくれて、みんなありがとう

出発当日あたしは何回泣いてしまうんだろう。はてはて。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ucari
  • 血液型:型
  • 現住所:
  • 趣味:
    ・music
    ・movies-My friend forever,Life is beautiful
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる