佐藤充

January 25 [Sat], 2014, 13:56
興信所に人探しの依頼が来ました。相手は父親です。
まずは父親の事を詳しく聞き、行きそうな所や田舎など、何か手がかりになる事を聞き出します。
そして父親の写真を貰って捜査開始です。
まずは親しい友人や仕事の同僚など、片っ端から調べます。
そして田舎などにも行き、話を聞きます。
同じ県にいれば結構情報が入って来ますが、他府県に行かれると探すのが結構たいへんです。
調査は基本期間を決めて貰い、手ががりがなければそこで打ち切ります。
そうしないと料金が、大変な金額になるからです。
依頼者がそれでも続けて下さいと言えば続行します。
もし見つかればすぐに依頼者に、確認を取って貰い終わりです。
しかし殆どは見つかりません。
なぜなら殆どの人が見知らぬ土地に行くからです。
興信所同士、他府県とネットワークをつないでいますが、見つかるのはまれです。
捜査は長くても一か月で打ち切ります。
それをすぎると見つかる可能性が殆どないからです。あとは警察に保護される事を祈るだけです。
見つからなくても料金は払わなければいけません。
一か月の調査費用、出張費など合わせると百万円以上掛かります。
探偵や興信所に頼むときは、お金に余裕があるときにして下さい。
また、こちらのサイトにも色々興信所に関することが載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。
http://caravanromaniello.com/kousinjyo/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyoten
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uc7ea/index1_0.rdf