パニガーレ、速い!

May 21 [Mon], 2012, 13:46
1199は速いですね。
FIMカップスーパーストック1000レースで、そろそろ確実に戦績を残しつつある状況です。
第1戦は3位、そして今回の第2戦で初優勝色々と情報は追ってたのですが、日記にアップさせるのが中々できなかったのでやっと上げれた感じです。
第1戦、イモラ。
第2戦モンツァスーパーストック選手権は、エンジンの改造が禁止されており、しかも市販車と同じセル付きでないといけないぐらい厳しいレギュレーションです私達の手元に届くスーパースポーツと殆ど変わらないマシンが戦っていると言っても過言ではないですね。
ちなみに今回の1199は、オプション設定されているテルミのエキゾーストを装着、1199パニガーレ車載のコネクタにSBメモリを挿しこんで最適のレース用インジェクションプログラムを書きこんだけだと言われてますそしてレース中のトップスピードはなんと319kmhうーん、恐ろしいサーキットトラック上で、何度もストレートで300キロ超えしているのですから、我々が、メガスポーツでハイウエィでトップスピードを出すのとは次元が違いますなんせ目一杯減速してから、そのままの勢いでコーナーをえぐるように旋回ですからね想像しただけでも恐ろしいま、レースは皆そうですけどしかもタイヤまでほぼーマル。
標準で装着されているものと変わらないタイヤこの唐熨蝠マ厳しいレギュレーションですなので、動画を見ていたら結構転倒しているライーが多いですねトラコンが付いていても間に合わない状況のようです1199に次いで、ZX10Rも速くなりましたねやはり200ps超えのパフォーマンスは伊達じゃないようです。
90年代当初、ZXR750Rがスーパーバイクで活躍していたのを思い出しますグリーンモンスター復活かな当時、DCATI851の最大のライバルでしたね。
去年のスーパーストック選手権はS1000RRが速かったそうですが、今年は上のクラスのスーパーバイクの方でS1000RRは活躍しているようです。
パニガーレ昨年の秋ごろの情報では、2012年の夏ごろにはデリバリー開始と言われてましたが、今年の秋過ぎになるのだとか。
あれだけ剥きだしのエンジンですから後方バンクのエンジンがまるでフレーム加速騒音は、マフラーでいくら排気音を静かにしても日本の加速騒音規制を中々クリアできないのでしょう。
大幅なパワーウンを敢行しないといけないのかもしれませんね1199のパワーは魅力的に見えますが、もうここまでのパワーは一般公道では必要ないかな使い切れることは先ず普通では絶対にないでしょうからここから、つぶやき自分が今ドカティに期待をしているのは、空冷のカッコイイスーパースポーツ細めのトラスフレームを組み合わせて、90年代当時のスマートな純粋な空冷スポーツを待ち望みたいものです。
今までのドカティには無い冒険したモデル、例えばディアベルやハイパーモタードも確かに成功してますが、昔から大切にしていたSSが今復活したら面白いと思うのですが。
知らない人も多分、興味を持つと思います。
ディアベルは水冷ではないですがスポーツクラシックも成功したモデルですが、昔のドカの流れからしたら、ある意味雰囲気を楽しむ部分も大きいバイクとして発表されてました。
装備品を見てもSSシリーズとやはり流れが違います。
カッコいいからという理由でこのグレードからドカの門を叩いた方も多いと聞きます。
それもバイク選びではとても大切なトコロですが、伝統の900SSのようなジーンズを履いて使い込んでいく楽しみがあるような、純粋な軽量スポーツとは少し色合いが違ってきますよね。
昔からのファンは逆にスポクラシリーズに興味を示さなかったといわれてます。
特に昔からドカに乗ってきた方など。
知り合いのA君とか特にMH900eからメーカーの色気が出だしたという方がいましたが自分も正にそうだと思いますもっと、スタンード的な900SSを大切にした上でスポクラシリーズがあったら今でもSS900の名は消えずにいたのかもしれません。
メーカーがそれを捨てたというのなら、それは少し残念です。
確かに、先ずは売れなきゃメですからね。
こんな姿なドカまた見たい。
そう考えると、スポクラシリーズはメーカーからしたらとても大きくて綺麗な打ち上げ花火だったと言えるかもしれません。
ここまですれば、超カッコいいめちゃ走るバイクにやりすぎSS900以上になってしまうドンだけ高いバイクになってんだろうそして、空冷といえばモンスター。
しかし、カウルがありませんからやはりカウル付きの空冷があれば、様々な用途に使うこともできますし、可能性も広がるのでSSと名乗るでしたら絶対にカウルが無いといけません。
例えば、ちょっと前のBMWのF800シリーズはその棟緕閧ゥったと思います。
SやSTの使い分けなど。
今ではンカウルのRもでましたがアウディの傘下入ったのですから、そういったモデルも是非期待したいところです。
軽量なハーフカウルを纏った僅かに前傾ポジションの空冷スポーツ。
カッコいいだろうなぁ今、自分が一番欲しい空冷スポーツかなスポーツクラシックという名ではなくて、現行の性能を纏うのですからちゃんとスーパースポーツとして期待したいです。
ホンが楠木友里NC700Xで大成功を収めてますが、あれの発想に近く、ある程度使える馬力でスポーツ出来るバイクがあれば面白いでしょうね。
ドカは馬力無くても速くも走れるから面白い、というのもあります。
もともとは900SSは、NC700Xみたいな部分も得意分野だったのですがね。
1199は、もう乗って楽しいと本当に思えるバイクでは無いと推測してます。
所有する喜びは凄く大きいでしょうが、バイク本来の乗り込んで楽しむには、高性能過ぎて性能に対しての乗せられ感が付きまとうでしょうねやはりこういった戦闘機的なバイクはサーキト走行会やレースで使う方がイイですね、個人が使うにしてもそちらの方が使い方は合ってるかも。
ただ、見るのは大好きなので爆誰かが購入していつか実物を見るのは心待ちにしてます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ubixpymty6
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ubixpymty6/index1_0.rdf