小野田の清水

June 08 [Wed], 2016, 12:22
顔ではないところで、思わぬ場所でニキビができやすいのは実は、背中。



背中は自分で確認が困難な場所です、背中にニキビができてしまっても、気づかないこともあります。でも、背中のニキビもケアをきちんとしないと跡になってしまいます、注意がいります。ニキビを防ぐために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。その季節の旬のフルーツをどんなことがあっても食べています。食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。
便秘が治ったことも、吹き出物が発生しなくなった一つと考えることができるかもしれません。



結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中が大変な痒みで見てみると、多くの吹き出物ができていたんです。

すぐに皮膚科にを訪れました。



診察をして、先生から、「診察結果はニキビです。こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と診断されてしまいました。チョコが何よりもニキビができやすいそうです。私のニキビに対する対応策は、いくら眠くてもメイクは確実にとって就寝することです。

メイクを施すことにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌に休息を与えたいのです。
メイク落としにも配慮しています。

オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど色々なタイプの使用を試みてきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。



ニキビは男女にかかわらず、困りものです。ほんのわずかでもニキビを作らないための方策をとっている人はいっぱいいると思います。ニキビができてしまった肌への対処法の一つに水洗顔が挙げられます。ニキビをみつけると、必要以上に洗顔してしまったり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、これらはNOなのです。
このごろ、ニキビを重曹でケアできるという話をよく聞きます。

弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌トラブルを起こす恐れもあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。

ニキビが炎症を起こしてしまうと、洗顔の時などに少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になるからといって決して指で触ってはいけません。

触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が侵入して、ますます炎症がひどくなります。


肌荒れとニキビが関連していることも有りです。


ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。

とは言っても、思春期をすぎても出現することがあり、その際は大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。


この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あかり
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ubbt0ryeeutmem/index1_0.rdf