ひーたんで成田

May 21 [Sat], 2016, 3:15
タンザニアのラボなどの学者組が、キリンの首を長くしたと言える遺伝子のゲノムを初めて解読した。

キリンにとって、心臓から2メートル上に残る脳に血を送るためにはキツイ心臓と、他の哺乳類の2ダブルの血圧が仕事。水を飲み込むためにわび、卒倒せずに元の体型に還るためには特殊な安全弁がかかる。こんなことから、育生論を提唱したチャールズ・ダーウィン始め、キリンのユニークな姿勢は鳥獣サイエンティストの間で考え物とされてきた。

今回の検証では、キリンと、キリンに断然間近、首の少ないオカピのゲノムを比較。姿勢とローテーションの変異をつかさどる遺伝子が特定された。その結果、キリンの首は少数の遺伝子変異により、心臓の増強と並行して長くなったと言えることが示唆されたと言う。

ただ、何故キリンの首が長くなったかという根本的な問は未クリアのとおり。良い取り付けにいらっしゃるミールを取り去る結果との想定が自然に発生したが、コチラ20階級剰余、牝の維持をめぐる牡同士のマッチの結局との噂との間で相談が交わされている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uayofg5e5oeyrt/index1_0.rdf