大切な車だから

February 12 [Wed], 2014, 20:43
日本にも数台入ってきていたので何度か見に行ってはみたが、フロアパネルに穴が聞いていたり、ドアが下がっていたりで、手を出そうにも出せない個体しか自にしていない。程度がいちばんよかったのは、本物のボンドカーで、一度乗ったことがある。防禅板も本当に出たが、タイヤのハブから回転式の刃が飛び出してくることはなかった。DB5はその時点で二十五年から三十年以上前の車なのだから無理もなかった。鑑定を頼んできたDB6とて、二十年以上も前の車である。傷んでいないほうが珍しい。期待半分諦め半分で、数日後に指定してきた待ち合わせ場所に出かけて行った。とはいっても、そのDB6を購入するわけではない。あくまでも「鑑定」である。持ち主はどこかで見たことのある顔だったが、彼はロールス・ロイス・シルバーシャドウに乗っているオーナーだった。同じシャドウHに乗っていた時期に、路上で偶然会うと話しこんでいた相手だ。話を聞いてみると、このDB6の前オーナーは車好きの商社マンで新車に近い状態で手に入れたらしい。大切な車だから日本に持って帰り、アメリカ駐在中メーターを142uが同時に恋してしまった。
車離れという時代背景

自分たちのために

August 02 [Fri], 2013, 18:06
自分たちのために特別なプロクラムが作られているのではないことが分かる。このことが分かると、もっと積傾的に関わりやすくなる。また、もしこうした人々のいく人かがカウンセリングを受ければ、選択理論を知っているという事実は、カウンセリングをもっと効果のあるものにする。専門家ではないけれども、私が出会った人の中で、選択理論で最もよく訓練された人は、ある刑務所のおよそ十五人の服役囚グループである。彼らはこのような考えを学ぶことを大変な仕事などとは全く考えなかった。彼らは学ぶことを楽しみ、ストレスの解消にとても役立つといった。中には、一生この刑務所で過ごす囚人もいた。もう一度言う。なすべきことは、選択理論を教えること、そして、どのように使っているかを尋ねることである。クオリティ・コミュニティでは、仮釈放観察官が、窃盗と麻薬所持のために二六か月刑務所にいて釈放された二十二歳の男性と、規定通りの最初の両会をするときに、このような会話がされるかもしれない。彼がこの行動を繰り返して逮捕されると、もっと長い判決に直面しなければならない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いーす
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uawekgi/index1_0.rdf