知識を身につける

December 14 [Sat], 2013, 10:44
クオリティ・スクールでは、私たちはそのレベルを「すぐれた学習能力」と呼んでいる。しかしながら、生徒と教師がクオリティ(上質)に達したと同意するまで、生徒の成果を改善することが求められる。上質な成巣が達成される一つの方法はテストを使うことであるが、それは生徒の進捗度を測定するよりも、彼らの成果の質を高めるためである。私たちは運転免許を取ったり、更新したりするときに、ペーパーテストを受けることになっている。このテストをすることによって、交通規則に附する知識を身につける方法を話そう。最近運転免許の更新をした人がいる。小冊子を勉強したが、テストを受けたときに、たくさんの質問に困却を覚え、答えを推測しなければならなかった。やっとのことで合格した。三十五問のうち六問を間違えたが、これは合格点である。テストの結果を返してくれないので、間違えた質問について学ぶ機会を失ってしまった。テストはその目的を達成していない、との思いを抱いて家に帰った。重要な交通規則で、知らないものがある。それを学ぼうと思っても、これからかなり先のことである。これは、学習体験ではないです。
大切なことを検証


無秩序状態

November 18 [Mon], 2013, 6:43
学校の管理者は、強制プログラムを信じている。なぜなら、彼らが生徒のときに、彼らには効果があったと考えるからである。効果があったのは確かだ。このような人々は、上質世界に教師や勉強を入れていたし、今も入れている。そしてそんなに無秩序状態ではなかった。これは、PTAや他の会合に出席する親にも言えることだ。出席してくれるのは良いことだが、出席する必要があるのは、彼らではない。彼らの子供たちは、今のままで、学校でうまくやっているからだ。流行りのそのようなプログラムの例は、十のステップ・プログラムの他に、自己主張の創作(純粋であるが穏やかな強制)と、私の教えに従っているシステムを変えることに焦点を合わせていないので、クオリティ・スクールとクオリティ・スクールの教師ではっきりと説明しているクオリティ・スクールの概念に従ってはいない。システムを変えないで生徒を変えることに焦点を合わせたプログラムはどんなものでも、選択理論のプログラムではない。中学校で始めたこと、そして小学校で実践されていることは、システムの完全な変更なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:むーらん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uawakei/index1_0.rdf