モザイクの山本恭司

February 25 [Thu], 2016, 18:26
看護師の資格を得るためには、何通りかの方法が挙げられます。看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、すぐに受験することは認められません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人がある訳ではありません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思っている方が多いでしょう。理想的な転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。看護士を目指す理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほうがいいです。修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤が求められない職場を希望しています。病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。産業看護師とは一般企業で働く看護師をいいます。看護師といわれると病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身や役割は勤務先ごとに違いますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事と考えてください。看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを思い描いて迅速に行動を起こす必要があります。それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に沿った転職先の情報を集めてください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も挙げておきましょう。看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。看護師の国家試験にパスするよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針で定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Taito
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uat1n0ecvesbeh/index1_0.rdf