永井で串田

February 13 [Sat], 2016, 12:09
FX投資をすることで得た利益は課税対象なので、確定申告が必要ですが、年間を通して利益を出せなかったときはしなくても問題ありません。



でも、FX投資を続ける気なら、利益が出なかったとしても確定申告をする方がいいでしょう。

確定申告をすれば、損失を繰越した控除が使えるため、最長で3年間、損してしまった分を通算できます。近年では、システムトレードを使ってFX投資する人が無視できない数になっているようです。
FX投資においては、買った外貨が急に大きく下落すると動転してしまって、上手く損切りを実行できない可能性があります。少しでも少ない損失で済ませたいという思いが損切りする機会を逃させてしまうのです。FXで成果を得るためには、暴落のリスクをしっかりと考えることが必要です。暴落の原因が見当たらないような状況でも、念の為にそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。
FXにおいては必ず損をしないということはないので、万が一のことも考えにおきます。

たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わりリスクも抑えられます。


FX投資をするうえでは、経済指標の発表日程はとても大切ですから、忘れずに確認したほうがよいでしょう。



経済指標の結果次第では、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、用心するに越したことはありません。たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、ベストです。
一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。

巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、日本では大体21時〜午前2時の間あたりは取引が活発になり相場が動きやすいとされています。時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には為替相場が大きな動きを見せることがありますので、気を付けておかなければなりません。いくつかの経済指標発表の日程については頭に入れておくと良いでしょう。


ただやみくもに運頼みでFX投資を行ってもそうそう利益はあげられないでしょうから、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。

機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、探して使ってみて、売買のよりよい機会を導き出すとよいです。その上で、チャートのパターン、分析方法などの諸々の技術やコツなども、まんべんなく知識として頭に入れておきましょう。


どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、FX業者をどこにするか選択次第で用意したい金額は変わってきます。

具体的な金額としては100円の業者があったり予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。


そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めると大きな危険を冒さなくて済みそうです。


FX投資で収支がマイナスになり、負けが続くと、その負けを取り返すためにどんどんお金を使ってしまうという人もたくさんおられるものです。そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座には、余計な資金を入金しないよう心がけておきましょう。これは必要以上のお金を口座に入れておくと、まだ十分な余裕があるなと思ってしまってつぎ込んでしまう可能性は否定できないからなのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruhi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる