李だけど杉本善徳

December 09 [Fri], 2016, 10:58
看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大切です。



それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。

将来の自分をはっきり想像して、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も数え上げておきましょう。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業紹介所で見つけるのは不可能だと思います。興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。高校入学時に衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で看護師になれるでしょう。


ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、準備期間が足りないために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格するのが難しいともいえます。

昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは多くなってきているのです。
また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。

このような時は、社員としてその会社に入社することもありえるでしょう。


看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。

それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。


ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。



公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。

看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。

看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。



結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を希望しているものです。


病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。

看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部かもしれません。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても違ってきます。

一般に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。

2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。


ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココロ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる