最新コメント
アイコン画像ウマオ
6月、それはホリデーの時 (2005年06月08日)
アイコン画像べっつぃぃ〜
6月、それはホリデーの時 (2005年06月04日)
アイコン画像ウマぁ
ハラハラ☆ワクワク〜〜(なわけない) (2005年05月30日)
アイコン画像ティッシュ
ハラハラ☆ワクワク〜〜(なわけない) (2005年05月28日)
アイコン画像ウマぁ
突如、島帰りウマぁ (2005年05月05日)
アイコン画像べっちー
突如、島帰りウマぁ (2005年05月04日)
2005年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uamo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
大都会という名の砂漠 / 2005年06月29日(水)
http://www2.wbs.ne.jp/~rin/ao.htm

今日テニスをしたんだよ〜とまるるん宛てにSMS打ってたら、急に佐藤浩市(ラブ)のすね毛に白いソックスを想い出しました。更にイキオイ余ってこんな素敵なサイトを発見!さっそくファンクラブ入会登録を試みたら、新規会員は受け付けてない模様。号泣。

今夜のBGMは人間の駱駝 。わっかるかな〜〜♪
 
   
Posted at 02:03 / 日常の非常事 / この記事のURL
コメント(0)
海コレ3ざます / 2005年06月25日(土)
お目汚しとは思いますが、人間のいる画像もどうぞ。

たそがれのジンバラNです。ヌサドゥAの砂が白くてまぁるいツブツブで少量なのに対し、ここのは白くてさらさらで足がうずもれるぐらいたっぷり厚みがあります。バフバフと気持ちがいい。砂の肌触りも良いけど、ビューも良いねぇ。きっとエビだの魚だのにばかり目が行っていたんでしょう、過去何度も来ているのに今まで気づかなかった。そう遠くないところに漁港があって船がたくさん浮かんでるのが旅情をそそる(ホントか)。そういやビューを語り始めたのってこの3、4年前からってとこだろうか。わびさびのわかるお年頃に突入してしまったのですなぁ私も。

若かった頃、島に来たらそりゃビーチには行くんだけど、それは何だか「島に来たから取りあえずビーチ」っていう惰性みたいなものからだった。何となくちゃぷちゃぷ波とたわむれて満足する。朝もはよから起き出して人のいない海の静寂を味わうなんて思いもよらず。ストレスなんか無かったんだろう。癒し(って言葉、余りに耳慣れて好きじゃないけど)なんて必要なかったんだろう。それが今ではこんなですわ。海の傍で、長生きしたいな!
 
   
Posted at 12:19 /  / この記事のURL
コメント(0)
海コレ2ざます / 2005年06月25日(土)
夜のヌサドゥAです。最初はこの海でした。両親に美しいビーチを見せてあげたいと思い、最初の宿泊先はちょっとリッチなこのエリアにしてみたんだけど。 ビーチはサヌーRとあんま変わんないなぁ。侵食してるし、草はえてるし。

ただ、西洋人率の高さには驚きました。昼のビーチ、プールの中及び外、ビーチ沿いのレストラン...ここがアジアの片隅とは信じられないほどの西洋人の数です。夕方のク●と正反対の光景をここでは見ることできます。トップレスの女性も1人や2人じゃないよ。しかもプールサイドで(笑)

ヌサドゥA、また泊まることあるかなぁ。ホテル自体は庭も美しく、料理も美味しく、文句無かったけど。どうだろ?
 
   
Posted at 00:13 /  / この記事のURL
コメント(0)
海コレ1ざます / 2005年06月24日(金)
旅帰りっす。海が恋しいっす。

海を渡り歩く7泊8日だったと言っても過言ではない。とにかく、海に行かねば気がすまんのだ。旅のスタイルがこんな風になったのっていつからだ?と思う。子連れの旅なら山より海。それは間違ってないだろうけど、子連れでなくてもやっぱり海だな最近は。海に入って波に向かってずんずん歩き、しゅわしゅわアワアワに包まれると「わおっ海のミネラル!」とね、むくむく元気が沸いて来たよ。鏡を覗くと、日焼けした自分が旅に出る前より俄然健康そうで嬉しい。この健康そうな風貌、いつまでもつかな。我先とサンデッキに陣取ってる欧米人の気持ちがはじめて解るわ。旅の思い出を自らの肌に焼き付けてるってか。なるほどな。

順序が逆になってしまうけど、これは最後の海、スミニャぁの素敵な午前。改めて、今一番のお気に入り。
 
   
Posted at 23:36 /  / この記事のURL
コメント(0)
'04年の証拠写真3 / 2005年06月13日(月)
順序が前後しちゃうけど、これ、行きの飛行機、先月で運航を止めたというSターエアの中。ウマぁが手を前に伸ばしてシャッターを切った。ウマッ娘9歳7ヶ月。キミチュ8ヶ月。母子3人水入らず、ウマぁ父母がジャカRタに引っ越して来た今となっては記念に残る1枚よ。キミチュは生後3ヶ月で出生地からジャカRタへ戻る際にトランジットで一瞬寄ったのも含むと、これが2度目の島だった。ラッキーな子ね、キミチュ。そしてあさっての夕方、4度目の島に降り立つ。

降り立つのですヨ〜〜 ふふ。
 
   
Posted at 04:58 /  / この記事のURL
コメント(0)
'04年の証拠写真1&2 / 2005年06月08日(水)
そういえば去年の島体験については全く語っていなかった。日記を書いていたわけでも無いので今さら語ろうとしても無理なんで、お気に入りの写真ぐらいは披露させてもらおうか。ブログ、続けていきたい気持ちはあるがこのところ日常を語る気力がない(何か辛い思いをしているわけではないのだが・笑)ので、いつも覗きに来てくれている皆様、繋ぎにどうぞ。

これは言うまでもなく島の美味い物。食堂があったのは確かカRティカプラザ通り。Iブオカのに比べるとボリューム的に負けるが、バナナの茎の熱々スープなんつ物が添えられてて嬉しくって、また通ることがあれば寄りたいなとかなり強く思っている(笑)2枚目の写真はおかずの皿。ごはんは別皿で付いてくる。サテの置き方とか、皮の載せ方とか、ローカル食堂の割りにがんばってるでしょー。
 
   
Posted at 05:09 /  / この記事のURL
コメント(0)
6月、それはホリデーの時 / 2005年06月02日(木)
5月はいつになく通訳が2本も入り非常に気疲れておった。 過去何度か経験したのと同様、「やっぱ通訳に思ったほどのウマみは無い」ことを再確認(でもオファーもらうとつい受けてしまう懲りない私)。しかも合間に熱を出したジーちゃん(ウマぁ父)を医者に連れて行ったりーの、ジーちゃんバーちゃんと美味い物を食いに行ったりーの、旅行の手配したりーのとせわし!

でもとりあえず、ここんとこのソワソワ気分の元だった通訳はついに終わったのだ!心晴れやか♪ 晴れやかついでに昨日は、数日前から体に正体不明の発疹が出てまたもや熱を出しているジーちゃんを置き去りにモールへ繰り出したウマぁ親子+バーちゃん。もうすぐ旅だし♪キミチュに夏らしい(「夏らしいって、常夏のくせに」byバーちゃん)ワンピース、ウマッ娘にビーサンとTシャツを購入。たのしぃぜぇぇ!ウマぁ、実を言うと買い物が大大好きである。旅の準備に到っては言うまでもなーい!このままホリデーに突入したいぜぇぇ! と思いきや、肩にかけてるかばんの中で鳴り響くマタドール(着メロ)...見積もり出したが連絡が無いのでてっきり断られてたと思っていた仕事、「OK出ました」だって〜〜ヒー。突如、テンション下がる。

ま、旅行代まるまる出るぐらいの規模の仕事なのでありがたいはありがたいのだが。結局、旅行ぎりぎりまでガツガツPCに向う毎日になるのか。これも毎年のことだけどぉ〜

*) 写真:(母と同じく)モールではしゃぐキミチュ
 
   
Posted at 22:12 / つぶやき / この記事のURL
コメント(2)
ハラハラ☆ワクワク〜〜(なわけない) / 2005年05月04日(水)
パタ。
↑ 原稿を閉じる音。だってぇ〜仕事飽きた! なんだ当地では先月当りから労使協約更新の時期なのか?先月からもう4社の労使協約を読まされておる。わかってるから!もうそのさきは知っているから!ってぐらいにどいつもこいつもほとんど内容は同じなくせして、編集してるニンゲンが違うから当然一文一文の構成が異なるわけで、コピーして社名入れ替えてハイできあがり♪つうわけにもいかず、お得なんだけど、非常にたちが悪い。ああもお、吐き気がするぅ

で、ま、内容解ってるから、1日ぐらいサボったって後で何とかなるから。今日は更新するわよん♪

昨晩、まるるんとメッセでお会いしまして。日本に帰ってしょげ返っているかと思ったけどまあそれなりに元気な様子で何より。で、いつも通りの他愛も無い話の合間に、ウマぁと別れた後にまるべちがしたこととは?という、ちょっつ(死語)T*G的にネタバレなお話を聞いてしまった。キーワードは、ラキでもいいですか

そんで私は私で、ラキでもいいですかと言えば、皆さんに話しておかねばならん体験がありますよ。

2月ほど前だったか。初めて行くCという名の美容室でクリームバスをしたいと告げると、ラキでもいいか?と聞かれたのよ。ん?どうなの?クリームバスと言えば頭〜肩にかけてのマッサだし、別にいいのかな?力もちの方が良さげと言えば良さげだし? と、余り考えずにボレーと言った。

 
 続きを読む…  
Posted at 19:55 / 日常の非常事 / この記事のURL
コメント(2)
突如、島帰りウマぁ / 2005年04月25日(月)

<旅程>
往路21日11時40分発アダmエア 復路23日14時50分発アダmエア
スミニャあPB滞在


聞いてくれー。アダmエアなんて名前からして、そもそも怪しくはあったのだが。

出発の2日前に旅行代理店より「行きの飛行機4時間遅れ」の知らせが来たのだ。2日前から判ってる遅れってナニ? と不審な気持ち。さらに前日になって再び「やっぱりもとの時間通りです」の電話。しかも「代わりにつうわけじゃないが帰りの飛行機は2時間遅れ」と。ますます不審。だけどま、私にとっちゃあヒャッホーイ♪だよ。

が!当日、もとの時間に合わせて空港行ったら「夕方に変更になりましたよ。電話連絡したはず」...体型及び顔の表情からしてのったりという形容詞のよく似合う、しかし蛍光イエローの制服を来た職員にそう言われたとき「やっぱり!アダmはダメダメだったのか」とため息をついた。在イ12年ともなれば諦め体質になってる。とはいえ一応「んなバカな!赤子連れだしなんとかせー」と、冷ややかなけんか腰で交渉。「ほかの飛行機への割り振りもしたが、もう一杯」しまいには「ラウンジでの食事代をこちらで負担しますから」となだめられ、でもカウンターの中で責任者みたいな女が窓口の女にヒソヒソと耳打ちしてて態度がおかしーのだ。 なんなんだ?なんとかなるのか?と判断着きかねて立ち尽くしていたら横で「この日本人の客がなんたら」と言ってるのが聞こえた。

見ると明らかに日本人の旅行者2人がアダmのチケット持って立っている。事情を尋ねたら私と同じケースで、11時40分発のSターエアに切り替えができたという。11時40分て...それってアダmの時間じゃ?(笑)まあいい、んなら私も!必要な席はたった1つ(赤子は要らない)であることを強調しつつ丁重にお願い。結局、 出発15分前まで待ってチケットを手に入れた。アダm返金(後日)、Sターエア片道を70万で買うことになったんで20万ちょい損しちゃったんだけどおかげでギラギラ太陽の照りつける真っ青な空のバリに到着することができた。ふぅぅ、アダmの奴、ハラハラさせるぜぇ。

 
 続きを読む…  
Posted at 16:03 /  / この記事のURL
コメント(2)
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
Powered by yaplog!