静(しずか)が大瀧詠一

April 03 [Mon], 2017, 20:01
どのような転職理由が好印象かというと、まず、なぜ本当に転職しようと思ったのかを思い出してください。


その通りの表現で伝えるわけではないので、素直にノートに書き出してみましょう。



そして、それを悪い印象にならないように言い方を変えてみてください。
なぜ転職したのかを長く語ると自己弁護しているように受け取られるので、あまり長くならないようにしましょう。労働時間が長いという理由で退職したのなら「生産性を重視する仕事をしたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新たな環境でいっ沿う成長したい」と表現を変えると印象がよくなります。



ネガティブな転職理由も表現のし方によっては、ポジティブな理由になります。
履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字くらいがよいかと思われます。

転職したい理由は書類選考や面接において大変重要です。
相手を味方につける理由でないと低い評価になってしまうでしょう。

でも、転職したい理由を質問されても上手に答えられないという方も多いと思います。


沢山の人が履歴書を書く時、面接を行なう時に、悩まされるのが、この転職理由になります。
転職を考えたときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士が御勧めです。
これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職を考えている方にもミスなくお勧めしたい資格です。


社会保険労務士の資格があると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の業種に強くアピールを行なうことができます。


異なる業種に転職するのは難しいと考えられていますが、実際のところ、難しいのでしょうか?先に結論からいうと異業種への転職はやはり簡単ではありません。
経験者がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。


ただ、絶対に採用されることがないというわけではないので、本人の努力次第では職を得ることもあるでしょう。

違う業種に職業を転じるのは骨が折れるイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論はというと異なる業種への転職は大変です。経験者と未経験者の2人を選別する場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。


ただ、必ず無理だというわけではないので、頑張り次第では転職ができることもあると思われます。



転職しようと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談を持ちかける方がほとんどでしょう。家庭がおありの方なら、ご家族に相談をしないで職を移るということは止めた方が無難です。


家族に断りなく、職を変わってしまったら、そのことが原因で離婚(一度成立した婚姻を解消することです)に至る可能性も出てきてしまうことがあります。
就業時間が長すぎるという理由で辞めた場合は仕事そのものにやりがいを感じず辞めた場合は「新しい環境で研鑽に励んでいきたい」悪い印象をのこしません。ネガティブな転職理由も表現を変えることにより、履歴書を製作する場合は、だいたい150〜200文字ぐらいがよいでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛太
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる