他の歯科治療と同じようにインプラントにも失敗のリスクはあります。では失

November 24 [Thu], 2016, 15:52
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるというのもありえます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希愛
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u9qedyasey7etr/index1_0.rdf