親族の看護・介助が大変!精神疲労軽減のメソッドとは

January 15 [Fri], 2016, 15:04
自分だけでケアを行うと、当然不安がふくらみがち。そんな場合はネットを頼るのがいいでしょう。介助・看護サービスのホームページですとか介助と看護経験者が作成した記録など、助け舟に出来そうなところはたくさん見つかります。

三十才代で既に看護と介助をしているケースでは、配偶者の有無で心労の具体的内容も変化します。つまり独り身なら実の親ですが、結婚している人なら義理の父母を世話するケースがあります。

いずれの状況でも、心労を抱え込まない事です。介助・看護にまつわる懸念を持て余してもすぐプロあるいはケア施設へ相談するのが困難なケースでは、差し当たってネットで関連情報を集める手もあります。

貴方自身がプレッシャーに押しつぶされてしまわないうちに何がしかの行動に移して、問題解決につなげていくようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナホ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u8venfis/index1_0.rdf