英国王のスピーチ。

October 13 [Sat], 2012, 17:39
これもまたよかったですきつおん症の引っ込み思案な男が、きつおん症の克服、王位継承を経て成長していく姿を描いたヒューマンドラマです。
この前観た、最強のふたり、と似たような構成でした。
映画としては、こちらの方が優れていると感じました。
何より脚本が素晴らしい。
きつおん症の克服に伴い、彼を取り巻く政治情勢も変化し、彼が病を治さなければならない必然性もしっかりあります。
ユーモアのセンスも抜群で、観ていてぐいぐい引き付けられました。
最後の演説は、うるっとくるくらい感動しました。
人は変われるのだ、と強く感じさせてくれました。
衝突を繰り返し、友情を深める診療医と国王にも胸が熱くなりました。
日に日に過酷になる状況。
ついに起こるヒトラーの侵略、第二次世界対戦。
困難を乗り越えて成長していくジョージ六世の姿は、かっこよかったです。
実話ということもあり、胸に迫るリアルなドラマでした。
大人になってからの出会いも、すごい大事ですね。
人と人との繋がり。
それはいつだって君と僕。
一対一の、まっすぐな関係が、出会いであり、人生を変える鍵なのではないかと。
つい経験を積むと、誰といたら得で、誰といたら損とか、全体像とか、そういうもので考えてしまいがちですが。
そんなもの飛び越えて、ガチでぶつかり合う、診療医と国王のように、生身の語り合いこそが、真の関係を育む土台だと、感じました。
メールレディー大人になると、つい周りに遠慮しすぎたり、お互いを押さえてしまいがちですが、本物の関係を築きたいなら、まずはまっすぐに語り合うこと。
自分を変え、運命を変えるきっかけなんですね。
人によりますが。
熱い繋がりと、情熱を感じる人間ドラマでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:u689379ttu
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u689379ttu/index1_0.rdf