歯列矯正と乳幼児の歯並び 

2014年06月25日(水) 8時41分
乳幼児の場合、生えている歯は乳歯と呼ばれるもののみです。
乳歯のみの間は歯並びの悪さを感じる人はそれほど多くありません。
しかし、日々の習慣が原因で悪い歯並びに繋がってしまう人もいるので、注意しておきましょう。

例えば、頻繁に指しゃぶりをしたり、唇・爪などを噛む癖がある場合は注意しなければなりません。
また、早い段階で乳歯を失ってしまった場合、それが悪い歯並びに繋がってしまう可能性があります。

乳歯が抜けたあとは永久歯が生えてくるわけですが、永久歯が生えるまえに時間があるという場合は周りの乳歯があいたスペースに傾いてこないようにする治療があるので、歯科で相談をしましょう。

また、乳幼児の段階から歯科で定期検診をするのは非常に有効です。
虫歯を予防することにも繋がるので、歯並びに問題がある場合だけでなく、虫歯を予防するためにも定期的に歯科で検診をしましょう。

素人が見ただけでは特に歯並びに異常がなかったとしても医師が見ればそうではない場合もあるので、早い段階で一度チェックしてもらうといいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:u5sa8hwo
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる