湯浅でオシドリ

April 28 [Thu], 2016, 11:07
看護師は病棟の仕事仲間とどんちゃん騒ぎすることがあります。

人手が足りていないので、全員参加することはあまりありませんが、都合を合わせて飲み会に行きます。

病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが解消されてナース飲み会は大盛況です。

日本全国の病院や様々な医療機関の現場では、長きに渡りずっと看護師が不足している状態が続いています。

ですから、就職、転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場だと説明できます。

看護師資格を所持していれば、自身の希望や適正に合った職場を比較的容易に選ぶことができます。

ほとんどの看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が一般的に知られています。

透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う診療科といえます。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。

ベースは同じ作業の繰り返しで採血が上手になりますし、人命にかかわるようなこともあまりありません。

採血は、どの科でも必要となるので、どの科に配属されても役立つ技能です。

友人の看護師が、この間、転職をしたようでした。

けっこう楽そうな病院でしたのに、いったいなぜ?「暇でしょうがなかった。

忙しく働きたい」とのことだったのです。

できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、知人のような人もいるんですね。

向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、ステップアップするには様々な手段があります。

これまでの就業場所から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも方法の一つでしょう。

また、最新の技術や広範な知識を体得するために看護に関わる資格の勉強をするのもスキルをアップさせる手段です。

平均寿命は年々高くなり現在では超高齢化社会になっていきました。

この状況下で、需要が見込まれる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。

全て専門知識とか技術が必要とし、簡単な仕事というわけではありません。

これらの職業人の育成に関して国は今よりもさらに考える必要性があると思います。

世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。

現に入院して看護師の仕事ぶりをみていると、重篤なクランケが入院していない日には、決まった時間に変わりなく作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。

多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、ますます多忙となってしまい、ストレスで精神的にシンドイでしょう。

病院に入院している知り合いのおみまいに行ってみたら、看護師が患者の対応に追われている姿をよく目にしました。

一人では動けない患者さんの中には、しょっちゅうナースコールで助けを求める人も多いのです。

看護師さんは、お見舞い客が短時間だけみても、苦労続きだと思います。

叔母にあたる人が、ついに離婚を決意して出戻ってくることになりました。

久々に会った叔母は想像していたよりも元気そうで、「看護師の資格があるのだから、仕事には困らない。

誰かの世話になんかならなくっても十分に生活していけるわ」と笑顔でした。

看護師が派遣で働く際には、利益や不利益がございます。

はじめにメリットとしてはそこまで長期にわたって働かなくてよく、条件や都合に沿って自由に他の職場に移れることです。

デメリットは昇給や賞与がないので、比較的、長期間の勤務には適さないことでしょう。

看護師が転職するにあたっての志望動機には様々な理由が想定されます。

例えば、最先端医療や高度な医療技術のマスターと場数を多く踏むために、専門性の高い病院で働きたいという状況もあると思います。

別の例としては、結婚して、出産などの家庭の事情によって転職を選択するケースもよくあります。

看護師の役目で重要な事の一つに夜間勤務があるという事があります。

病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事もありがちです。

その時に、迅速に対処するために看護師には夜間勤務が存在するのです。

とはいえ、ナースにとって、夜の勤めというのは体調が悪化しやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。

仮に、看護師の仕事をこなしながら金銭面の余裕が欲しいと考えた時に行う副業にアルバイトがあります。

仕事が休みの日を活用して副業で収入を得る看護師は毎年増加する傾向がみられます。

副業の利点は、仕事がない時間を有意義に使うことが出来て、別の仕事をすることで憂さ晴らしにもなる事です。

実際、看護師さんは重労働です。

過労死を招かないように気にかけた方がいいでしょう。

条件が満たされていなければ早期の転職を念頭に入れてみてください。

長期の通院を必要とする病気になれば、働くことも難しくなります。

自分の体調のことは他の誰も守ることができません。

退職金に関心を持っている看護師もいるでしょう。

退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。

国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。

小規模な病院の場合、退職手当は少ししか出ません。

どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が待遇が優れています。

看護師が転職をしたいならちゃんとした履歴書を用意してください。

履歴書には、大切なポイントがいくつかあります。

写真ですが、三ヶ月以内に撮影した新しいのを貼ってください。

そして、住所と氏名といった記入項目は間違うことなく、美しい字でわかりやすくゆっくりと丁寧に書くことが大切なことです。

看護師は、医療機関にとっては欠くことのできない重要な人材だと言えます。

にもかかわらず、そんな看護師の待遇は良いとはとてもいえないのです。

看護師は夜間の勤務があったり、休暇がそれほど多くないなどの辛い環境で仕事をしていて、受け取る給料も高くないのです。

看護婦の仕事を辞める割合が高いのも、当然ですね。

看護師を志そうと思ったきっかけは、病気、怪我、体調不良などで苦しんでいる患者さんの補佐をする事に、この職業のやりがいを感じたためです。

私自身も過去に入院したときに、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、私も一人の看護師として、患者の介助をしようと考えているのです。

世間では、看護師は取り組みがいのある仕事だといわれています。

現在は、どの仕事でも一対一で人とかかわることがあまりなくなっています。

しかし、看護師は人と深く関係することができ、援助することができるという意味でチャレンジングだと感じる方が少なくないのでしょう。

看護師は医療機関で就労していますから、就業時間は様々です。

それが原因で、安定してお休みが取れないといった難問があります。

医療機関にとって看護師は大事な仕事ですが、でも、働く側から見れば残念ながら良いとは言えない職場であるケースが少なくありません。

今でも、看護師は人手の不足が叫ばれています。

人手の不足を改善するには、看護師の資格を持っていながら看護の職業から離れている人に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いでしょう。

そうするには、柔軟な働き方が出来るように、早急に、医療機関が直すべきところを改めていくことが重要です。

看護師は、患者の方の生命に関わる仕事をしているので、すごく精神を酷使するのです。

ですが、それでも、あまり高給とは感じられない給料で根つめて働いています。

看護師の仕事に対する情熱をアップさせるためにも、是非とも給料を増やしてほしいと考えます。

看護師って医療機関での仕事で結構、手堅い職業と思われがちですが、けっこうしんどい仕事の割には稼ぎはたいしたことはないです。

婦長クラスにまであがったらともかく、多くの人は苦労の割にはイマイチの額なのです。

賃金の低さに嫌気がさし辞職する看護師、ナースも少数派ではありません。

残業をした場合、きちんと残業代が出るのは当然のこととなります。

でも、これが看護師の場合、状況により、残業代がもらえないこともあります。

特に転職をしてすぐでその環境に不慣れな場合には、残業の申請が出しにくい雰囲気があるものなのです。

看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。

看護師として仕事する際、辛くないといわれているのが、外来による勤務です。

人の命にかかわるということでの責任は違いはありませんが、夜に働く必要がない、割合に休暇がとりやすいなどといった理由で外来勤務希望の人も増えています。

どんな病院で働いている場合でも、看護師のお仕事は幅広いです。

通常、医師の診療がスムーズに行えるようなサポートするというのが主な業務内容ですが、また、患者さんのお世話や手助けといったことも行っています。

外来なのか、入院病棟なのかによりましても仕事の内容がかなり異なるでしょう。

一般に、仕事量が多いのは外来よりも入院病棟でありますので、ストレスとなるでしょう。

場合によって、看護師でも非正規雇用でバイトやパートで働くこともあります。

その時、重要性が高いのが時給ではないでしょうか。

一般に、パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べて待遇が良くないことが多々ありますので、せめて時給を高くしてくれなければ労働意欲が下がります。

理想を言えば、時給が安いより高いほうがいいですよね。

ナースの年収は高いと思われている方もいるかもしれません。

そうは言っても、夜間業務がないとそれほど稼ぐことができず、1年の収入が低いということがあるのです。

それ故、独身だと夜勤がある病院で働いて利益を得て、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再就職する人も多いです。

そもそも、看護師というのは、病院などの医療機関で重要な役目を背負っています。

ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足に頭を痛めているというのが現状なのです。

未だに、医療の場では、看護師不足の現状を基本的にはほぼ解消できていません。

この先は、わずかでも早くこの問題を改善させる必要があります。

看護師からしてみれば育児と仕事の両立は容易ではない問題といえるでしょう。

可能な限り、病院で働きたくても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、色々な困難が生じてしまいます。

看護師と育児を同時にこなすのは自分だけの問題としてよりもやはり、医療全ての課題として試していく必要がある思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオリ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u5s0enecrako55/index1_0.rdf