眼圧検査でわかること

October 02 [Fri], 2015, 9:48
眼科に行った際、眼圧検査を受けることがあります。眼圧検査とは、房水という液体によって保たれいる眼球内圧を測定する検査です。眼圧の高さで、緑内障や網膜剥離が起きているかわかります。つまり、眼圧検査でわかることとは、目の病気にかかっているかどうかです。緑内障とは網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、失明の原因になりうるので注意が必要です。網膜剥離とは網膜から神経細胞がはがれおち、視力、視野を失う病気です。こちらも最悪の場合失明します。このような病気を早い段階で見つける為にも、眼圧検査は重要な検査なのです。その眼圧検査には主に3つの方法があります。ゴールドマン眼圧法、シェッツ眼圧法、空気圧による眼圧法です。どの方法でも結果はすぐにわかります。正常眼圧は10〜20mmHgです。これよりも高い値の場合緑内障を疑います。低い値の場合は網膜剥離が疑われます。どちらの場合でも、精密検査が必要となります。飛蚊症の治し方
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しんいちu5oadacw
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u5oadacw/index1_0.rdf