きゃりーぱみゅぱみゅ

February 01 [Wed], 2012, 16:05
次は8つ目の解説はじまりはじまり謎の爆発卵1993年12月24日放送。
探偵は桂小枝。
友人が電子レンジを使ってゆで卵を作ったが、食べようとした瞬間に爆発したらしい。
そのゆで卵を作ってみたいという趣旨の依頼。
探偵ばかりでなく、依頼者、その友人も犠牲になり、史上屈指の傑作として語り継がれる。
単純ではあるものの、それゆえに、もう一度見たい依頼の上位に位置される一部では伝説と称されるほどとなった。
また、この放送日はクリスマスイブや年末年始が要因で、在宅率が高かった事もあいまって、番組史上初めて視聴率305を記録した。
視聴者にナイトスクープの名を印象付け、番組を有名にした企画といえる。
ロケ取材は8月に収録が行われていたが、朝日放送社内で危険な行為を紹介することに繋がりかねないと問題視されお蔵入り寸前であったものの、この放送をきっかけとして関西地方では電子レンジでゆで卵を作るのは危険であると転じて啓蒙され、定着する結果となった。
DVDVol1に収録。
依頼者は第3回探偵ナイトスクープアカデミー大賞主演男優賞作品に選出。
この依頼は特番20周年記念ナイトスクープリターンズで再度放送された。
泥舟は本当に浮くのか2008年7月11日放送。
探偵は北野誠。
大阪府の男性34から、2歳になる娘に嫁は毎晩、読み聞かせている童話の中にカチカチ山がある。
悪さをしたタヌキが、仕返しに泥の舟に乗せられて沈んでしまう話だが、その泥舟のことで嫁と口なった。
泥舟は沈むのが当たり前と考える嫁は、作り方によっては浮くという私の主張を取り合わず、うそつき呼ばわりする。
泥舟は浮くということを自分の体を張って証明したいというもの。
ナイトスクープの物理担当である大阪市立高等学校教諭の山田善春の設計どおりに泥船を作った結果、約8分間浮くことが出来た。
人物来歴歴史再発見型浪花のモーツァルトの誕生1990年放送。
探偵は嘉門達夫。
キタローが他のタレントからキタロー先生と呼ばれるのは何故ですかという依頼をもとに、キタローの生い立ちから現在1990年までのオークション足跡をたどった。
このときの取材を元に浪花のモーツァルト、キタローというフレーズが誕生し、さらにそこからCM、CDなどが企画された。
なぜ浪花のモーツァルトなのであるかというと、かつてのABCの名番組ラブアタック上岡司会での早食い競争のコーナー用のキタロー作曲のBGMが、モーツァルトの代表曲の一つアイネクライネナハトムジークとモチーフが共通しているという松本プロデューサーの指摘が発端。
キ先生が200年早くこの世に生まれていたなら、モーツァルトはウィーンのキタローと呼ばれていただろうという言葉で決定付けられたといっても過言ではない。
ちなみにモーツァルトはウィーン出身ではなく、ザルツブルク出身である。
なお、浪花のモーツァルトの呼称はCD発売によって広く認知されている。
ただ、本人は当のナイトスクープで一度本当は難波のショパンと呼ばれたかったと語っている。
DVDVol3に収録。
調査新発見型日本全国アホバカ分布図アホバカ分布図を参照1990年1月放送の依頼アホとバカの境界線を探せに始まる、全国地域の馬鹿に相当する方言を収集するプロジェクト。
きっかけは関西ではアホ、関東ではバカと言うけれど、そのアホとバカの境目はどこという依頼。
全国の主要都市を調査し、アホとバカの境界にたわけ名古屋周辺が発見された、などが探偵北野誠によってとりあえず報告された。
が、上岡局長当時がでは、たわけとバカの境界線はどこなんですか。
きっちり調べなさいと言ったことから、再度、視聴者からの情報投稿や全国の市町村の教育委員会への方言のアンケート調査など、大規模で本格的な調査を行うこととなった。
その結果が1991年5月放送の特別番組全国アホバカ分布図の完成にまとめられた。
実際に詳しく全国の地域を行脚、調査をしてみると、京都を中心とした、同心円状に離れた同じ距離の違う地方で同一の方言が使われていたことが判明するなど、方言周圏フ検証例として国語学上大変貴重な調査結果を出すことができた。
この放送内容は後に日本方言研究会でも取り上げられるなど、大きな反響を呼んだ。
馬鹿阿呆の項目も参照。
投稿から調査研究がなされ、発表されるまでの過程は、その結果とともに、松本修プロデューサーによって全国アホバカ分布考はるかなる言葉の旅路太田出版、新潮文庫に余すところなく収められ、後にビデオ化までされた現在は廃盤。
1991年日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞受賞第29回ギャラクシー賞選奨第9回ATP賞グランプリ受賞。
調べてくださいシリーズ1991年頃から始まった。
越前屋俵太探偵が、市井の人々から様々な意見を引き出すコーナーで、インタビューに終始するものである。
始めの頃は、上岡にただインタビューしてるだけやないかと強烈な批判を浴びていたが、そのたびに俵太探偵が、町の人の意見を引き出すことも重要と説得し、次第に上岡も認めるようになった。
テーマは依頼者が決め、過去には雪こだわり東京の人々働く人など様々なテーマで放送された。
俵太探偵が降板したと同時に、このコーナーも消滅したと思われるが、インタビューに終始する似たような形式のVTRは現在でも放送されることがある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:u588efuirx
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u588efuirx/index1_0.rdf