中国関連ニュースはストレス満載 

February 12 [Tue], 2013, 11:47
またまた出てきた中国の理不尽な話。
このところニュースになっているPM2.5の問題で、
中国側では、「日本に元凶がある」という論調が出回り始めているらしい。


その根拠として、
日本は原発事故以来火力発電の割合が増え、
燃料を燃やして有害な排気が増えたとか、
震災で出たゴミを燃やすので、有害な排気が出ているというのである。

おもしろい言いがかりである。
世界の先進国では、様々な取組がなされ、
大気汚染に対して、前向きに対処してきた結果、
ほとんど人に害を及ぼさない程度まで、汚染物質を削減してきました。

しかし残念ながら発展途上国では、
今まで先進国が大気を汚しながら発展を成し遂げてきたのだから、
自分達もそれと同じことをしているだけと開き直り、
ある程度の規制はされているが、そんなことは一向に守られていないのが事実です。
それはCO2の削減からも見て取れます。

そして何より、ルールを守らないのが中国人の特徴。
至るところでルール違反を犯してくる。
たとえそれがオリンピックでも・・・・

そんな国だから、自分達を基準に考えると、
こんな論調が出ることは当たり前で、
自分達がしていることを、日本もしているから、
有害物質は日本から飛来していると。


しかし、誰が考えてもそれはおかしな話だと直ぐ分るはず。
実際に日本国内だけでは、PM2.5の問題は起きておらず、
中国北京の映像を見ただけでも、そこが悪の元凶だというのは明白である。


こんな事を言う輩もいるらしい。
30年程前から中国に労働力を求めて工場進出してきた多数の日系企業が
有害な排気物質をまき散らして、環境汚染を引き起こしているというのである。

しかしこれに対しては、日系企業関係者から、
中国の工場で、環境基準や関連法規を徹底順守しているのは
日系企業やや欧米系企業など外資系ばかりなので
批判される覚えはないと反論が出ている。
先程も述べた通り、こういったことを守れないのは中国人だと、
遠回しに言っている事は明らかで、
ここでもルールを守れない中国人の国民性が出て来ている。

レーダー照射の一件も、日本の捏造と反論しているが、
そこまで言うかという思いである。
「やっていない」と言い張るだけならまだしも、
日本の捏造だと言いきってしまうと、どこまで日本を馬鹿にしているのかと、
ストレスを感じずにはいられない。

このストレスがやがて高血圧になることは必至で、
また漢方薬に頼ることになりかねません。
漢方薬が高血圧に効果がある理由はこちら


尖閣問題でチャイナリスクが浮き彫りになったばかりなのに、
こんな事でもチャイナリスクを受けなければならないのかと思うと、
早めの中国撤退は必要なことだと改めて思った次第です。






P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あおいf88a
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる