郵政法案審議に小泉氏起用=与党との対決アピールへ―自民(時事通信)

June 01 [Tue], 2010, 9:27
 自民党の小泉進次郎衆院議員が衆院総務委員会の委員として郵政改革法案の審議に出席することが26日決まった。同党としては、郵政民営化に政治生命を懸けて取り組んだ小泉純一郎元首相を父に持つ進次郎氏を前面に押し出し、改革法案の早期成立を狙う与党との対決姿勢をアピールする考えだ。 

【関連ニュース】
郵政、27日実質審議入り=与党が構え、野党反発
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲
「政権の方向に従って」=前原沖縄相、福島氏に苦言
政府、24日午後に安保会議=米韓と連携確認へ
社民の対応焦点=政府・民主に「配慮」論

<横浜3人死傷>飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴(毎日新聞)
郵政法案審議をめぐり与野党対立 与党28日採決目指す(産経新聞)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/u4j2h98b/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。