警官が発炎筒置き忘れ、車全焼…都に賠償命令(読売新聞)

May 27 [Thu], 2010, 19:58
 警視庁の警察官が路上に置き忘れた発炎筒の炎で乗用車が全焼したとして、東京都中央区の青果卸小売会社と同社社長の男性(67)が、東京都に約1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であり、鈴木秀孝裁判官は都に約620万円の賠償を命じた。

 判決によると、警視庁高速隊は2006年9月14日夜、要人警護のため首都高速都心環状線外回りの浜崎橋ジャンクション付近で通行を全面規制し、同隊員が6本の発炎筒に火を付けて路上に置いた。男性は規制解除後、乗用車が炎上していることに気づき、車外に脱出した。判決は「車体に問題はなく、原因は発炎筒以外考えられない。隊員が発炎筒を確実に消火していれば、事故は回避できた」と指摘した。

秋葉原無差別殺傷 きょう第8回公判、4人の証人尋問(産経新聞)
政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
傷害致死容疑で男を逮捕 足立の路上遺体 警視庁(産経新聞)
景気回復は感じないが……夏のボーナスは“支給される”人が増加(Business Media 誠)
  • URL:http://yaplog.jp/u4j2h98b/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。