佐藤雅俊と木野

September 22 [Fri], 2017, 19:03
まず、検査を受けることができる企業から検査キットを取り寄せてください。それから、検査キットには綿棒があるので、この綿棒を使用してほほ周辺の粘膜を取ります。



あとはその粘膜を付着させた綿棒を返送しましょう。



このタイプであると、体質的には痩せやすいのですが、その分リバウンドもしやすいタイプと言うことができます。

このタイプの人の場合、糖質を制限した食事を摂りながら、糖質を燃焼してくれると思われているビタミンB1を多く摂取することで、減量効果が期待できます。実のところそれは、自分に適したダイエットのやり方ではないことが原因かもしれません。以前であれば、なぜ減量できないのだろうと一人で考え込んでいたかもしれませんが、最近では簡単にその要因を調べることができます。



このタイプなら、脂質の少ない食事を摂ると共に、唐辛子もしくは生姜等の温熱食材と言われている食材を摂るようにして体を温めるよう心がけるとダイエット効果が見込めるでしょう。







二つ目は揚げ物やジャンクフードというような脂質の代謝がうまくできない洋ナシ型と呼ばれるタイプで、皮下脂肪がつきやすいタイプで、女性のほうが男性に比べて多めです。



このタイプにおいては、減量したいと努力してもなかなか痩せづらいタイプと言えます。







その後、だいたい2〜3週間くらいで検査結果が自宅まで届くのです。検査キット代は企業によってもわずかな差はありますが、約5500円前後です。







肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は見られず生活習慣が問題のものに区分することができます。まず一つ目はご飯やパンといった糖質の代謝が苦手なリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪がつきやすく、女性よりも男性に多めです。三つ目は豆類のほか豆腐などのたんぱく質の摂取が不十分なバナナ型という名前のタイプで、外見は筋肉があまりついておらず、ほっそりとした人が多めで、男女比は同じくらいです。



このタイプに分類される人は、体質的には太りづらい体質ですが、その反面太ってしまうと痩せるのに苦労するタイプと言えます。

自分がどういう体質なのか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」で知ることが可能なのです。昔なら遺伝子検査というものは医学上の検査でしたが、今日では誰でも手軽に家にいながら遺伝子検査が可能となりました。





いつの時代もあとちょっとだけ体重を減らしたいと思う人は多いのではないでしょうか。

ですが、痩せたいと思ってテレビで見たダイエットに挑戦してみても痩せない、本で紹介されているやり方を試しても効果が出ない、という方は多いことでしょう。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる