冷え性 対策 改善

December 15 [Wed], 2010, 14:38

冷え性 対策 改善



人により程度の差はありますが、手足が冷える病気です。
痛みを感じるほどの冷え性の人もいます。
冷え性が原因で、肩こり、腰痛、頭痛などが生じることがあります。



特徴として、女性に多く、男性にはほとんどみられないことが挙げられます。
これは、女性のほうが男性より脂肪が多いことに起因しています。
脂肪は熱伝道が遅いので、あたたまりづらく、冷えづらい、という特徴を持ちます。
雪山などで遭難することがあったら、女性のほうが男性より生存率が高いのはそのためです。



冷え性の一般的な特徴として、からだ全体は寒さを感じず、四肢など部分的に冷えを感じることが多いことも特徴です。
冷え症自体は病気とされてはいませんが、冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、しもやけ、腰痛、肩こり、肌あれなどに進展する場合が多々あります。



非常にストレスフルな冷え性ですが、ストレスが原因でさらに冷え性が悪化することがあります。
この場合、冷え性とストレスの悪循環に陥ることがありますので、早期の改善が必要となります。



●冷え性の原因



冷え性の原因はいくつかありますが、体の血液の流れが悪くなっていることとも大きく関わります。
運動不足や体を締め付けるような下着などは血行不順を起こしますし、その上、食べ過ぎると消化のために血液が胃腸に集中してしまうので、血液の少なくなった手足の冷えもひどくなります。
また、水分代謝が悪い上での多量の水分摂取は体を冷やす原因のひとつです。
冷えは万病のもと、と言われますが、本当は逆で、冷えは病気のサインなのです。



●冷え性対策



冷え性は血行不良や、ホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れが原因です。
血行を良くするために、漢方を処方したり、健康食品などで身体の内側からの改善、適度な運動、生活リズムの見直しが有効です。
また、半身浴は身体を根本から温め、さらに血流もよくしてくれるので、オススメの予防法です。



冷え症の人はできるだけ温熱食(体を温める食べ物)を摂ることです。とはいえ、寒涼食をまったく食べないことは無理だと思います。そこで、寒涼食は温熱食と一緒に食べるようにします。寒涼食を炒めや煮込み料理のようにアツアツにして食べたり、温熱性が強いものを薬味として多めに使いましょう。例えば:さんしょう、唐辛子、日本酒などで調理するのもおすすめです。寒涼食品は炒めたり火をと通す調理法をすると性質がおだやかになるものも多いです。



▼冷え性対策サイト▼



冷え性 対策 改善



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noname
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u18b5f50aa/index1_0.rdf