マーラで成島

January 16 [Mon], 2017, 15:58
娘がアトピーだと発覚したのは、まだ2歳のときでした。

膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

あらゆるものがそうですが、少しだけ使ってみないと結論を出せないものです。

サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、自分に合う感じでした。

痛みを感じることもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。

この間、インフルエンザにかかりクリニックに行きました。

どのくらいの潜伏期間なのか明確ではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染したのだろうなと考えられます。

高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。

高熱が出続けるインフルエンザは、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が試してみると、たくさん食べないと、あまり効果がない気がします。

1日に1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルトを好む人はいいですが、好きではない人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく摂取するとよいでしょう。

おなかの環境を正しく整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

心なしかちょっと恥ずかしかったです。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進にはなくてはならない成分ということができます。

乳酸菌の選択の仕方としては、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試すことがオススメです。

このごろは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリというものも売られています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を試したとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。

ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。

年を追うごとに予防注射をする人も上昇しているようですが、都市部では結構な数の人数が発症しています。

感染の経緯は色々と考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染することが考えられます。

なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足のせいなのでしょう。

通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。

ペットを飼っているわけもでないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういった理由で、私は便秘がちなのではないでしょうか。

便秘の改善にもなるはずなので、ジョギングを今日から始めようと思います。

もし便秘になっても、薬に頼れば簡単に、なんとかできると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂取することがよくって、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。

乳酸菌を取り入れると色んな効果があります。

まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、腸内の環境を良くします。

疫力アップにつながり、より多くの健康的な効果がもたらされます。

アトピー性皮膚炎に良い効能があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いとされているのです。

近年の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌がすごく有効だということがはっきりとわかってきました。

インフルエンザはワクチンだけで全て防ぐことはできません。

常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力が上がって、インフルエンザの予防となったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。

インフルエンザに感染したことがわかると学校などに5日間出席することができなくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。

平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、殊の外大変なことに達します。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。

そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正解かもしれません。

実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が生まれます。

数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体が数多く作られすぎてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギー発生につながっていきます。

アトピーを起こす原因とされていますが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすごく健康に過ごしていくことが出来るようになりました。

毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。

ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を摂取するようになってから、みるみる肌の調子も良くなってきて、体重まで落とすことができました。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのはみんな理解しています。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果が発揮できないのではというふうに思っている人もいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のために大変役立つのです。

近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年ごとに高い効き目となってきていますよね。

当然ながら、必ず医師の指導の下で適正に使用するということが重要です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分だけで判断することは良い結果をもたらしません。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。

およそ1年前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというコンテンツを見ました。

私の子供が受験の時期だったので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。

以前より、アトピー克服のためには食事も重要と考えられます。

アトピーに対して効果がある食事を心がけることで健康的な肌へ変わっていくことができるでしょう。

消化器系の内臓器官を整えて免疫力を高くする成分としてヨーグルトや大豆食品を筆頭とする食品を毎日バランスよく摂取していくと良くなることに効果があります。

以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、少しずつ治ってきています。

改善するために行った方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日実行したのです。

この方法を続けているうちに、お通じが改善されてきて、便秘をすることがなくなりました。

ところで、乳酸菌と聞いて思い浮かぶのはカルピスでしょう。

小さかったころから、毎日味わっていました。

なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

カルピスを飲んでいたために丈夫な体になりました。

乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルト。

昔、白血病になり病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMをよく目にします。

すっかり白血病を完治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、とても効果が期待できそうな気分です。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少なくて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。

補い健康状態にするには、保水保湿が大変大事です。

そのために、お肌の表面を守って、保湿剤を使う事が必要なのです。

ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、決まったものがありません。

参考になる量と回数は商品の外箱に、それを参考にして摂ってみて下さい。

取り込むよりかは、回数を数回に分けた方が、体内への吸収ということで効果が期待できます。

インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂取しなければなりません。

薬ももちろん重要ですが、栄養補給も大切です。

一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

母は深刻なアトピーです。

どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピーを発症しました。

皮膚がボロボロになって、日々の保湿が欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も困難なのです。

別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、怖くなってしまいます。

便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭の原因となります。

どのように毎食後歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを出そうとし、口臭の原因になるのです。

そうなると、お通じがよくなると、口臭もあわせて改善されると言われています。

アトピーに大変よい化粧水を使用し続けています。

友達からすすめられた化粧水は、ひどかった私のアトピーを見違えるほどきれいに整えてくれたのです。

毎朝鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを感じています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuna
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u0neh7denwrdrh/index1_0.rdf