石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)

March 27 [Sat], 2010, 18:06
 北海道内の炭鉱で働き、じん肺になった患者や遺族が、国に対し1人当たり1150万円の賠償を求めた新北海道石炭じん肺訴訟第3陣のうち、国が損害賠償請求権の消滅時効を主張した15人(4人死亡)に対する判決が26日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は消滅時効の経過を認めず、1人当たり477万〜917万円を支払うよう国に命じた。
 原告15人について、消滅時効(3年)の期間が経過しているかが争点となった。 

【関連ニュース】
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

スニーカーの穴から携帯カメラで盗撮、会社員逮捕(産経新聞)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
<皇太子ご夫妻>愛子さま学校問題「心を痛めております」(毎日新聞)
普天間移設先、米・沖縄県に2案を正式伝達(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/u0gauaxh/archive/38
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。